Amazon.co.jp ウィジェット

2017/9/22 [新譜紹介]

1. Foo Fighters / La Dee Da
2. Foo Fighters / Make It Right
3. Foo Fighters / Dirty Water


シーアやアデルの大ヒット作を手がけたグレッグ・カースティンを
プロデューサーとして起用。
音はでかくてシャウトしているが、ものすごくポップ。
ロックという音楽ジャンルが、どうサバイバルしていくのか向き合い、
その解決策が示されている力作 と。



4. The National / Day I Die
5. The National / Guilty Party
6. The National / Dark Side of the Gym


4年ぶりの新作。
この時代の切迫感・緊張感を強く感じ、歌詞もシリアスになっている。
でも、ただ単にそれをダイレクトに歌うのではなく、
どう商品として成立させるかという戦いと正面から向き合い、
非常に素晴らしい作品を作ってくれている。
今、この時代に自分達の音を届けるにはグッド・メロディが必要だという、
彼ら自身の決意が強く伝わってくる と。



7. Jake Bugg / How Soon The Dawn
8. Jake Bugg / Waiting (feat. Noah Cyrus)


1年という短いインターバルでの4枚目。
今回はナッシュビル録音。
これまで1枚毎に表情を変えていて、
いろんな意味で自分の可能性を試している感じの作品が続いている と。



9. Chic / Stage Fright (1981)


10. The Damned / Neat Neat Neat (1977)


11. Lil Uzi Vert / XO Tour Llif3 (2017)


12. Thundercat / Show You the Way (feat. Michael McDonald and Kenny Loggins) (2017)


 | BLOG TOP |  NEXT»»



2017年09月

<< 前の月   |  次の月 >>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事(30件)

月間アーカイブ

ブログ内検索


インターネットでラジオが聞けます:らじる★らじる

official site (Request & Message)
ワールドロックナウ - NHK

rockin'on 10月号
2017年10月号

rockin'on BEST DISC 500 1963-2007
rockin’on BEST DISC500 1963-2007