Amazon.co.jp ウィジェット

2007/6/29 フェスで聞きたい曲 [月末リクエスト]

1. Andrew W.K. / Into The Clear (明るい未来)


2. The Fratellis / Chelsea Dagger


3. Clap Your Hands Say Yeah / Upon This Tidal Wave Of Young Blood


4. Porno For Pyros / Pets


5. Nirvana / Lithium


6. Judas Priest / Painkiller


7. Bjork / Declare Independence


8. The Who / Go to the Mirror


9. Neil Young / Like a Hurricane


10. U2 / Elevation




11. The Beatles / Drive My Car


12. Santana / Europa (哀愁のヨーロッパ)


2007/6/22 [新譜紹介]

1. Paul McCartney / Vintage Clothes
2. Paul McCartney / See Your Sunshine
3. Paul McCartney / The End of the End


ヒア・ミュージック移籍第一弾。
流行の音楽や過去にとらわれず 今の自分を一所懸命やっていけばいいんだ
というメッセージが貫かれているようだ。
今のポールだからこそ書ける作品なのでは と。



4. Marilyn Manson / The Red Carpet Grave
5. Marilyn Manson / They Said That Hell's Not Hot
6. Marilyn Manson / Heart Shaped Glasses


結婚生活の破綻から精神的に煮詰まってしまい、
戦いながら作られたアルバムのようで、
今回はストレートな、シンプルなナンバーが並んでいる。
暗黒のイメージをすごくわかりやすく漫画的に表現するスタイルが
今回は特にいい形で出ている と。



7. Mika / My Interpretation
8. Mika / Relax, Take It Easy
9. Mika / Stuck In The Middle


イギリスを中心に大ヒット中の新人アーティスト。
ものすごくポップなメロディセンスがあり、
雑多な音楽性を取り入れながら、自分の中で情報処理をして
自分のスタイルとして出している。
フレディ・マーキュリー(クイーン)に通じるものがある と。



10. Bryan Ferry / The Right Stuff


11. The Beatles / Golden Slumbers
12. The Beatles / Carry That Weight
13. The Beatles / The End


14. Battles /Atlas


15. Santana / Europa (哀愁のヨーロッパ)


2007/6/15 [新譜紹介]

1. Manic Street Preachers / Underdogs
2. Manic Street Preachers / Rendition
3. Manic Street Preachers / Autumnsong


前作から長いインターバルを経ての新作。
バンドそのものをリセットし、もう一度本来の原点に立ち戻ることを
コンセプトに作られた作品。
文学的な歌詞+わかりやすいメロディ+ドラマチックなアレンジで、
本来のロック演歌的な魅力が展開されている と。



4. Ozzy Osbourne / I Don't Wanna Stop
5. Ozzy Osbourne / Silver
6. Ozzy Osbourne / Countdown's Begun


6年間の沈黙を破っての新作。
オジー節大爆発の気持ちのいい作品。
オーソドックスだが時代の匂いがあり、不思議なほど今時の感じがする と。



7. Simian Mobile Disco / Sleep Deprivation
8. Simian Mobile Disco / Tits & Acid
9. Simian Mobile Disco / Love


2人組の新人テクノユニット。
(クラクソンズ、アークティックモンキーズのプロデューサーでもある)
これまでのクラブミュージックなどの歴史を踏まえながら
今の自分たちのスタイルで、気軽に再構築している感じ と。



10. The Sugarcubes / Birthday


11. Bloc Party / Helicopter


12. Red Hot Chili Peppers / Scar Tissue


13. Prince & The Revolution / Raspberry Beret


14. Santana / Europa (哀愁のヨーロッパ)


2007/6/8 [新譜紹介]

1. Funeral For A Friend / Diary
2. Funeral For A Friend / All Hands on Deck, Pt.1: Raise the Sail
3. Funeral For A Friend / Great Wide Open


エモコアからオーソドックスなロックに徐々に転換しつつあるが、
本作ではプロデューサーにギル・ノートンを起用し、
自分たちの方向性を自覚して作った作品になっているようだ。
方向的には「アメリカン・ビッグ・ロック」では と。



4. The Nightwatchman / One Man Revolution
5. The Nightwatchman / Maximum Firepower
6. The Nightwatchman / No One Left


レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、オーディオスレイヴのトム・モレロが
一人で始めたソロ・プロジェクト。
アコースティックなサウンドで、メロディもエモーショナルだし、かなりいい感じ と。
終始「かっこいいー」を連発(計6回?)



7. Modest Mouse / Dashboard
8. Modest Mouse / Florida
9. Modest Mouse / Missed The Boat


インディーズシーンで活躍後の全米No.1アルバム。
まったく変わらない初志貫徹なバンドポリシーは感動的。
聞けば聞くほど「よくこれでNo.1になったなあ」 と。



10. Loggins & Messina / Your Mama Don't Dance


11. The View / Cherry Girl


12. Nine Inch Nails / Zero-Sum


13. Smashing Pumpkins / Tonight, Tonight


14. Santana / Europa (哀愁のヨーロッパ)


2007/6/1 [新譜紹介]

1. The Pigeon Detectives / I Found Out
2. The Pigeon Detectives / I'm Not Sorry
3. The Pigeon Detectives / Romantic Type


イギリス、リーズ出身の5人組新人バンド。
キャッチーなメロディとシンプルなリズムで構成されている、
誰でもわかる楽しいロック。
率直さが清々しい と。



4. Linkin Park / Given Up
5. Linkin Park / Hands Held High
6. Linkin Park / No More Sorrow
7. Linkin Park / Shadow Of The Day


プロデューサーにリック・ルービンを迎え、
ロックシーン全体を代表するバンドとしてきっちりやっていこうという姿勢が
クリアに出た作品。
U2を意識してると言わざるを得ない作りになっているが、
ここまでU2路線を行かなくても充分通用するのに と。



8. Dolores O'Riordan / Ordinary Day
9. Dolores O'Riordan / October


クランベリーズの女性ボーカル、バンド脱退後の初ソロ作品。



10. R.E.M. / Losing My Religion


11. Mary J. Blige & George Michael / As


12. The Clash / Clampdown


13. Santana / Europa (哀愁のヨーロッパ)


 | BLOG TOP | 



2007年06月

<< 前の月   |  次の月 >>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事(30件)

月間アーカイブ

ブログ内検索


インターネットでラジオが聞けます:らじる★らじる

official site (Request & Message)
ワールドロックナウ - NHK

rockin'on 9月号
2017年9月号

rockin'on BEST DISC 500 1963-2007
rockin’on BEST DISC500 1963-2007