Amazon.co.jp ウィジェット

2007/10/26 ギターリフこの1曲 [月末リクエスト]

1. The White Stripes / Little Cream Soda


2. Lenny Kravitz / Rock and Roll Is Dead


3. The Beatles / Dizzy Miss Lizzy


4. The Black Eyed Peas / Pump It


5. The B-52's / Rock Lobster


6. Ultravox / New Europeans


7. U2 / Vertigo


8. AC/DC / Whole Lotta Rosie


9. Free / All Right Now


10. Deep Purple / Smoke on the Water




11. The National / Fake Empire


12. Babyface / Wonderful Tonight


2007/10/19 [新譜紹介]

1. Georgie James / Need Your Needs
2. Georgie James / Long Week
3. Georgie James / Hard Feelings


Q And Not U のドラマーだったジョン・デイヴィスが、
女性シンガーソングライターのローラ・バーヘンと結成した
新ユニットのデビューアルバム。
Q And Not U とは異なり、どの楽曲も彼自身の音楽的な嗜好性をストレートに反映した
ポップなものになっている と。



4. Hard-Fi / Suburban Knights
5. Hard-Fi / I Shall Overcome
6. Hard-Fi / Little Angel
7. Hard-Fi / The King


セカンドアルバム。
今回も自分達のパブリックイメージそのままを叩きつけたナンバーでスタート。
わかりやすいメロディとわかりやすいメッセージ、そして自分達の拠って立つ根拠を
ものすごく明快にして、歌のテーマをはっきり伝えるこの姿勢は非常に共感を呼ぶのではないか。
オアシスとマニック・ストリート・プリーチャーズが合体して
モダンになったイメージがある と。



8. Underworld / Crocodile
9. Underworld / Boy, Boy, Boy
10. Underworld / Good Morning Cockerel


5年振り5枚目。
ダンスミュージックとロックが合体しつつある今日的な状況に対応するのではなく、
むしろ自分達独自の世界観を貫いて、非常にクールに、よりソフィスケートされたものを
作っていくという創作姿勢がすごく潔く、今のシーンでは逆に新鮮でもある。
全体のシーンの流れとはちょっと違う方向へしっかりフォーカスを定めている と。



11. The Doors / Hyacinth House


12. The Rolling Stones / Paint It, Black


13. Babyface / Wonderful Tonight


2007/10/12 [新譜紹介]

1. Foo Fighters / Cheer Up, Boys (Your Make Up Is Running)
2. Foo Fighters / The Pretender
3. Foo Fighters / Long Road to Ruin


前作から2年のインターバルでのリリース。
今回は、彼ら本来の魅力に立ち返ったポップでわかりやすい作品になっているが、
前作で展開したアコースティックな世界観も散りばめられており、
前作からの流れを汲む性格も明確に打ち出されている と。



4. Vanessa Paradis / Des que je te vois
5. Vanessa Paradis / La bataille


6年ぶりの新作で、ジョニー・デップも参加。
彼女本来のエキセントリックでキュートな魅力は本作でも十二分に発揮されている と。



6. Bruce Springsteen / Radio Nowhere
7. Bruce Springsteen / Girls in Their Summer Clothes
8. Bruce Springsteen / I'll Work for Your Love
9. Bruce Springsteen / Last to Die
10. Bruce Springsteen / Long Walk Home


戦闘モードで始まり、そのまま全編激しく切ないロックンロール。
我々が求めているスプリングスティーン的世界が充満している すごい作品 と。



11. Jason Falkner / She Goes To Bed


12. Babyface / Wonderful Tonight


2007/10/5 [新譜紹介]

1. The Donnas / Like an Animal
2. The Donnas / What Do I Have to Do
3. The Donnas / Girl Talk


サンフランシスコ出身、4人組のガールズグループ。
今回はインディーズに戻って自身のレーベルまで立ち上げ、
本当にやりたい事をやろうというモードチェンジのもとに、
原点回帰して気持ちよく作っている作品。
男性的な歌詞をストレートに歌っているところも魅力になっている と。



4. Babyshambles / You Talk
5. Babyshambles / French Dog Blues
6. Babyshambles / Deft Left Hand
7. Babyshambles / The Lost Art of Murder


スティーヴン・ストリートのプロデュース。
「いつかこうゆうアルバムを作るのではないか」と言われていた通りの作品が
2ndにして出来上がっている。
これは とんでもないかもしれない...と。



8. James Blunt / 1973
9. James Blunt / Give Me Some Love
10. James Blunt / I Really Want You


デビューアルバムが大ヒットしたことによるマイナスのスパイラルの中にあって、
そこから脱しようと作られた作品になっており、その心情がストレートに歌われている と。



11. Nine Inch Nails / Head Like a Hole


12. David Gilmour / On an Island


13. Babyface / Wonderful Tonight


 | BLOG TOP | 



2007年10月

<< 前の月   |  次の月 >>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事(30件)

月間アーカイブ

ブログ内検索


インターネットでラジオが聞けます:らじる★らじる

official site (Request & Message)
ワールドロックナウ - NHK

rockin'on 9月号
2017年9月号

rockin'on BEST DISC 500 1963-2007
rockin’on BEST DISC500 1963-2007