Amazon.co.jp ウィジェット

2008/12/19 2008年総括 [特番]

2008年ロック・シーン総括(guest : 伊藤政則、大貫憲章)

伊藤政則 select

1. AC/DC / Rock N' Roll Train


伊)7、8年振りの新作だが何も変わってない。
  AC/DC流のロックンロールに染められていて軸がぶれていない。
渋)前作はいまいちだった気がする。今回のほうが濃縮度が濃い。
  本来的なAC/DCらしい。プロデューサーとの相性も良かった。


2. Metallica / That Was Just Your Life


伊)2008年度一番のアルバム。
  メタリカがメタリカらしいアルバムを作ってみたらという
  進言のもとに作られたもの。
渋)前作は治療過程だったが、本作では自分達自身の偉大さを
  自分達自身で気づいて忠実に作ったという感じ。


3. Guns N' Roses / Chinese Democracy


伊)アクセルのソロだという意見もあるが、いい曲を随分揃えたと思う。
渋)まず出たことに驚いた。まじめに17年作ってたという手ごたえがあった。
伊)デジタル時代だから出来たのかも。
  1stのような爆発力はない。作り込まれているアルバム。


大貫憲章 select

4. The Troubadours / (I'm not) Superstitious


大)メロディメーカーとしてすごいと思った。
  聴ける曲が比較的多い。
  期待してる。


5. The Streets / Everything Is Borrowed


大)ジャンルとしてはヒップホップになるかもしれないが、
  ちょっと違う気がする。イギリス風。
  メロディと、やさしい感じがいい。
伊)...。


6. The Bird And The Bee / My Love


大)ローウェル・ジョージの娘がボーカル。
  全体に打ち込みだが、打ち込みという手法を使ってポップスをやってるという感じ。
  音と声が合っている。


7. The Clash / Kosmo Vinyl Introduction
8. The Clash / London Calling


大)頭のMCを聴いてほしい。
  クラッシュのライヴは常にこれがある。
  "Come On! Clash" ってとこがいい。


9. Al Kooper / No 1 2 Call Me Baby


2008/12/12 [新譜紹介]

1. Andrew W.K / Bohemian
2. Andrew W.K / Linda Linda


日本のヒットポップスをカヴァーしたアルバム。
本人自身もすごく楽しんだ作品のようで、相思相愛状況が生んだ傑作。
ユニークな作品 と。



3. P!nk / Mean
4. P!nk / Glitter In The Air


旦那と別れたことで非常に傷つき、なぜ愛は終わってしまったんだろうという
彼女の揺れる想いがテーマになっている。
正直な彼女の心境が出ている、かなり切なくてセンチメンタルな作品。
泣ける と。



5. Kanye West / Say You Will
6. Kanye West / Coldest Winter


母親を突然亡くしたことが、このアルバムの基本的なトーンを決定している。
今までの華やかな佇まいより、もう少しセンチメンタルで、
歌モノの作品になっている。
歌がもうちょっとうまかったらなあ...と。



7. Common / Make My Day
8. Common / Everywhere


今回はファレルと一緒に作っている。
怒涛のアッパーアルバム。
やたら覚醒して元気でポップ、そしてエレクトリック と。



9. The Vines / True as the Night


10. Gang Gang Dance / First Communion


11. Al Kooper / No 1 2 Call Me Baby


2008/12/5 [新譜紹介]

1. Guns N' Roses / Scraped
2. Guns N' Roses / Better
3. Guns N' Roses / Street of Dreams


前作から17年。本当に出た。
そんなにいいものが出てくるわけないと思っていたが、すごくいい作品になっている。
製作開始当初からのタイトルのまま出たのがすごい。
14年間作り続けてイメージがずれていないから、
これだけのテンションが高いものが出来たのだろう。
どの曲を聴いても、14年間まじめにアルバムを作っていたんだというのが
すごくリアルに伝わってくる。
14年必要だったかはわからないが、1年や2年で出来るような作品ではない。
細部に細部まで詰められた、よくできた作品 と。



4. The Fireman / Highway
5. The Fireman / Two Magpies


ポール・マッカートニーとキリング・ジョークのユースの2人によるプロジェクト。
10年振りの新作。
これまではインストルメンタルな実験的な作品ばかりだったが、
今回は非常にポップでボーカルがガンガン入ったものになっている。
1日1曲仕上げるというコンセプトで作られており、
非常に無防備なポール・マッカートニー(ビートルズテイスト)が出ている気がする と。



6. The Nightwatchman / The Fabled City
7. The Nightwatchman / The King of Hell


トム・モレロのソロ・プロジェクト2作目。
彼自身の本来的な政治的メッセージが前面に出たプロテストソング的なものが多く、
前作同様、彼らしい作品に仕上がっている。
ボーカルもすごく良くなった と。



8. Al Kooper / I Cried So Hard
9. Al Kooper / You Make Me Feel So Good (All Over)
12. Al Kooper / No 1 2 Call Me Baby


本作ではスティーヴ・クロッパーやドナルド・ダック・ダンなど、
伝説的なミュージシャンが参加している。
新作が聞けてうれしい...と。



10. The Jam / Running on the Spot


11. The Killers / Human


 | BLOG TOP | 



2008年12月

<< 前の月   |  次の月 >>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事(30件)

月間アーカイブ

ブログ内検索


インターネットでラジオが聞けます:らじる★らじる

official site (Request & Message)
ワールドロックナウ - NHK

rockin'on 9月号
2017年9月号

rockin'on BEST DISC 500 1963-2007
rockin’on BEST DISC500 1963-2007