Amazon.co.jp ウィジェット

2010/9/24 アコースティックな名曲 [月末リクエスト]

1. Keith Moon / In My Life (1975)


2. The Rolling Stones / Sittin' On A Fence (1966)


3. Elliott Smith / Say Yes (1997)


4. Mika / Happy Ending (2007)


5. Sandy Denny / No End (1974)


6. Nas / The Message (1996)


7. The Smashing Pumpkins / Thirty-Three (1995)


8. Sigur Ros / Staralfur (1999)




9. Carl Barat / Run With The Boys


10. Prince / Future Soul Song


2010/9/17 [新譜紹介]

1. Devil's Brigade / I'm Movin Through
2. Devil's Brigade / Shakedown
3. Devil's Brigade / Darlene


ランシドのベーシスト、マット・フリーマンのソロプロジェクト。
(ではあるが、ゲストとしてティム・アームストロングやラーズが参加)
マット・フリーマンの世界観を出しつつも、バンドしての佇まいで作っている。
アップライトベースで、サイコビリーという音楽に相応しいスタイルで演奏しており、
カントリーやロカビリーの要素をすごく入れているのが特長。
ランシドファンにとっては楽しめる作品 と。



4. Underworld / Bird 1
5. Underworld / Always Loved a Film


3年ぶりの新作。
今回はコマーシャル。
けっこうメロディがはっきりしていて、歌もの。
メロディアスなボーカルとわかりやすいエレクトリックサウンドのマッチングという、
アンダーワールドがアンダーワールドであるところの魅力に
もう一度立ち返って作った作品。
結果、大変コマーシャルになって良かった と。



6. Interpol / Success
7. Interpol / Barricade
8. Interpol / Summer Well


4枚目にしてセルフタイトル作。
インディーレーベルに戻り、再スタートの姿勢を強く打ち出した作品になっている。
独特の音のスカスカ感、最小限の音をきっちり叩き出す音作りが原点回帰的だが、
キャッチーなメロディや、曲作りの緻密さはキープ・向上していて、
自分たちのグループ名をタイトルにした気持ちがリアルに伝わってくる と。



9. Creedence Clearwater Revival / Who'll Stop the Rain (1970)


10. Eminem / Talkin' 2 Myself (2010)


11. Prince / Future Soul Song


2010/9/10 [新譜紹介]

1. Local Natives / Camera Talk
2. Local Natives / Wide Eyes
3. Local Natives / World News


アメリカの新人バンド、自主制作によるデビュー盤。
非常に知的で音楽的に洗練されているが、メロディはすごくポップ。
クオリティ高い。びっくり。とてもいい。
驚異のデビューアルバム と。



4. Philip Selway / By Some Miracle
5. Philip Selway / Beyond Reason
6. Philip Selway / A Simple Life


レディオヘッドのドラマー、ソロアルバム。
どの曲も良くて びっくり。
こんなにすごい曲を書くとは夢にも思わなかった。
自分でメロを書いて、詩を書いて、ちゃんと歌を唄うという
トータルなシンガーソングライターとしてのソロというのを
きっちり打ち出している。
驚くべきクオリティ と。



7. Katy Perry / Teenage Dream
8. Katy Perry / The One That Got Away


日本でも大ヒット中のアルバム。
外見の印象からアイドル的なイメージがあるが、
実は優秀なシンガーソングライターで、楽曲のクオリティは非常に高い。
自分の表現スタイルとしてアイドルポップを選んでいる と。



9. Little Feat / Fat Man in the Bathtub (Live 1977)


10. The National / Runaway (2010)


11. The Libertines / Time for Heroes (2002)


12. Prince / Future Soul Song


2010/9/3 [新譜紹介]

1. The Coral / Roving Jewel
2. The Coral / More Than a Lover
3. The Coral / She's Coming Around


活動再開後、新生コーラルの真価を問う6枚目。
過去を一切棚において、もう一度新しいバンドとしてのコーラルと向き合おうと
作られたもの。
ポップで明るくて、わかりやすい、
60年代のギターポップロックを連想させるサウンドに振り切っていて、
勢い と わかりやすさ と アルバムの素晴らしさ、全部が発揮されている。
新生コーラルが充分に感じられる非常にいい作品 と。



4. Prince / Compassion
5. Prince / Everybody Loves Me
6. Prince / Laydown (hidden track)


もともとイギリスの新聞のおまけとしてリリースされたもの。
完全にプリンス1人で作り上げた作品。
本当にわかりやすく、ファーストフード化というニュアンスさえある。
本来的な自分のオリジナルアルバムというよりは、
少し違う位置づけがされているんだろうという感じは伝わってくる と。



7. Iron Maiden / El Dorado
8. Iron Maiden / The Alchemist


アルバムデビュー30周年、4年ぶりの新作。
アイアン・メイデンがアイアン・メイデンしてる...と。



9. Jonsi / Go Do (2010)


10. Lady Gaga / Bad Romance (2009)


11. Prince / Future Soul Song


 | BLOG TOP | 



2010年09月

<< 前の月   |  次の月 >>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事(30件)

月間アーカイブ

ブログ内検索


インターネットでラジオが聞けます:らじる★らじる

official site (Request & Message)
ワールドロックナウ - NHK

rockin'on 9月号
2017年9月号

rockin'on BEST DISC 500 1963-2007
rockin’on BEST DISC500 1963-2007