Amazon.co.jp ウィジェット

2011/9/30 アコースティックな名曲 [月末リクエスト]

1. Eddie Vedder / You're True (2011)


2. J Mascis / Flying Cloud (1996)


3. Cream / As You Said (1968)


4. Bert Jansch & John Renbourn / Soho (1966)


5. Everything But The Girl / On My Mind (1982)


6. The Decemberists / June Hymn (2011)


7. Neil Young / For the Turnstiles (1974)


8. R.E.M. / Nightswimming (1992)


9. The Beach Boys / Barbara (1998)


10. Johnny Cash / Further On (Up the Road) (2006)




11. U2 / Mysterious Ways (1991)


12. Lenny Kravitz / Superlove


2011/9/23 [新譜紹介]

1. Girls / Honey Bunny
2. Girls / Just A Song
3. Girls / Love Like A River
4. Girls / Jamie Marie


セカンドアルバム。
音の作りなど、ファーストからかなり距離のある感じだが、
彼らの音楽的世界は基本的に変わってないし、
美しいメロディーと的確な歌詞で、どれだけのものを表現できるか という
本来的な方向性がよりクリアになっている。
すごくポップでキャッチーな楽曲が沢山入っていて、
でも非常に独自な音楽世界も入っている と。



5. Dum Dum Girls / Bedroom Eyes
6. Dum Dum Girls / Coming Down
7. Dum Dum Girls / Wasted Away


セカンドアルバム。
50's・60's風の つかみのある音作りは変わってなくて、
それがより一層進化している。
今回は そうゆうサウンドと共に、陰影がより深いものになっているが
中心メンバーである ディー・ディー の母親の死が一つの原因で、
それをどう受け止めるのかが、このアルバムの大きなテーマにもなっている と。



8. Johnny Marr & The Healers / Caught Up (2003)


9. New Order / Regret (1993)


10. Lenny Kravitz / Superlove


2011/9/16 [新譜紹介]

1. The Kooks / Junk of the Heart (Happy)
2. The Kooks / How'd You Like That
3. The Kooks / Mr. Nice Guy


3年のインターバルでの3rd。
今回はプロデューサーであるトニー・ホッファーとの共同作業で作られている。
どの曲もポップなメロディを持っていて、
いい曲、いいメロディをストレートなアレンジでそのままぶつけていこうという姿勢が
このアルバムをより強いものにしている。
3年のインターバルが蓄積としてしっかり反映されている と。



4. The Drums / Book of Revelation
5. The Drums / I Don't Know How to Love
6. The Drums / How It Ended


セカンドアルバム。
全体に悲しく、エキセントリックで 深く、暗い。
彼らが 1stでは見せなかった ものすごくいろいろな要素を持っているバンドだと
いうことを上手に表現していて、一層ドラムスの魅力が感じられる作品になっている。
素晴らしい と。



7. Clap Your Hands Say Yeah / Same Mistake
8. Clap Your Hands Say Yeah / Misspent Youth


4年ぶりの3rd。
ストレートなポップ・ロックになっている。
メロディメーカーとしての素晴らしい才能が当たり前に発揮されて、
それを王道なポップ・アレンジで聞かせてくれている と。



9. Sly Stone / Family Affair
10. Sly Stone / Thank You (Falettinme Be Mice Elf Agin) (feat. Johnny Winter)


28年ぶりの新作。
ボーカルトラックが再録で、明らかに曲の表情を変えている。
新作というよりは、ここから次の物語が始まるんだろうという
夢を感じさせてくれる作品 と。



11. Pearl Jam / Alive (1991)




12. Lenny Kravitz / Superlove


2011/9/9 [新譜紹介]

1. Yuck / Get Away
2. Yuck / Natsunandesu (夏なんです)


ケイジャン・ダンス・パーティーのダニエルとマックスが新たに結成したバンドの
デビューアルバム。
90年代の ダイナソーJr や ソニック・ユース の影響をすごい受けていて、
時代感覚が面白い と。



3. The Rapture / Sail Away
4. The Rapture / In the Grace of Your Love


5年ぶりの3rd。
ディスコ・パンクな音楽アイデンティティは変わっていないが、
何某かの陰りや骨太なメロディラインやメッセージが加わって、
より筋肉質になった感じがする と。



5. Jay-Z & Kanye West / Murder to Excellence
6. Jay-Z & Kanye West / Made in America (feat. Frank Ocean)
7. Jay-Z & Kanye West / Otis (feat. Otis Redding)
8. Jay-Z & Kanye West / Why I Love You (feat. Mr Hudson)


全世界的に話題の
ブラックミュージックシーンを代表する巨大な才能2人のアルバム。
黒人や、同じようなヒップホップの仲間が殺し合い、いがみ合っている状況に
対しての深い絶望に貫かれた作品 と。



9. Hawkwind / Silver Machine (1972)


10. SuperHeavy / Miracle Worker


11. Lenny Kravitz / Superlove


2011/9/2 [新譜紹介]

1. Red Hot Chili Peppers / Factory of Faith
2. Red Hot Chili Peppers / Did I Let You Know
3. Red Hot Chili Peppers / Goodbye Hooray


10作目。
ジョン・フルシアンテ脱退後、新しいギタリストのジョシュを迎えて
リック・ルービンのプロデュースの元に作られた作品。
ジョン・フルシアンテの抜けた穴は小さくないことはわかっているが、
このメンバーでどれだけやっていけるかという前向きな気迫・努力や、
今までにない新しい領域に手を染めていこうという意欲が
随所に感じられるアルバムになっている と。



4. JEFF the Brotherhood / Bummer
5. JEFF the Brotherhood / Endless Fire
6. JEFF the Brotherhood / Wastoid Girl


兄弟2人のユニット。ギターとドラム。
メジャーデビューだがすでに6枚目。
基本的にはラモーンズ風なストレートなロックをベースにしているが、
ネオフォーク的な佇まいが反映されていたり、とにかくレンジが広い。
どの曲も作りはローファイだが、緻密な音楽性と高いメロディのクオリティが
感じられる。
いろいろな曲があって面白い と。



7. Hard-Fi / Good For Nothing
8. Hard-Fi / Love Song
9. Hard-Fi / Killer Sounds


3rdアルバム。
今回はマドンナらを手がけた新しいプロデューサーを入れて、
新しいビートの導入に挑戦している。
でも、基本的な姿勢は変わっていない と。



10. Kool & the Gang / Summer Madness (1974)


11. Nirvana / Breed (1991)


12. Lenny Kravitz / Superlove


 | BLOG TOP | 



2011年09月

<< 前の月   |  次の月 >>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事(30件)

月間アーカイブ

ブログ内検索


インターネットでラジオが聞けます:らじる★らじる

official site (Request & Message)
ワールドロックナウ - NHK

rockin'on 9月号
2017年9月号

rockin'on BEST DISC 500 1963-2007
rockin’on BEST DISC500 1963-2007