Amazon.co.jp ウィジェット

2014/2/28 ワールドロックナウアウォード [月末リクエスト]

1. The Strypes / Mystery Man (2013)


2. Arctic Monkeys / R U Mine? (2013)


3. James Blake / Retrograde (2013)


4. My Bloody Valentine / If I Am (2013)


5. Eminem / Rhyme or Reason (2013)


6. Jimi Hendrix Experience / Fire (Live 1968)


7. Sigur Ros / Hoppipolla (2005)


8. Atoms for Peace / Amok (2013)


9. David Bowie / (You Will) Set the World on Fire (2013)




10. Karen O / The Moon Song (2013)


11. Polica / Trippin (2013)


2014/2/21 [新譜紹介]

1. Maximo Park / Her Name Was Audre
2. Maximo Park / Brain Cells


ニューカッスル出身のポスト・パンク・バンド、2年ぶりの新作。
かなり文体を変えてきて、新しいレベルに挑戦しようという意欲作。
メロディラインなど、基本的な彼らのDNAは変えないまま、
新しい時代的な空気を自分たちの中に取り込んでいこうという意欲的な試みで、
健全なポップ・ミュージシャンとしての時代感覚が反映されている と。



3. Lorde / Buzzcut Season
4. Lorde / A World Alone


ニュージーランド出身、17歳の女性アーティスト。
グラミー受賞もあり、世界中でロングセラー中のアルバム。
ようやく日本でもリリース。
この世代の世界に対するクールな視点、絶望感の重みと冷たさは
すごい感じ と。



5. John Butler Trio / Spring to Come
6. John Butler Trio / How You Sleep at Night





7. Beyonce / Jealous
8. Beyonce / Superpower (feat. Frank Ocean)


ポップ・ミュージック史においても、後々語り継がれる作品かもしれない。
作品のクオリティもさることながら、突然配信が発表され、
CDには全曲に映像がついていて配信とはまた違うパッケージ感があるなど、
いろいろな事に挑戦した、これからの音楽ビジネスのあり方に対して、
非常に示唆的な作品。
周到な準備と、ものすごいエネルギーと、絶大な才能で実現した作品で、
プロダクツとしての完成度とクオリティの高さは圧倒的 と。



9. John Lennon / Woman (1980)


10. Gorillaz / On Melancholy Hill (2010)


11. Eagulls / Coffin (2014)


12. Polica / Trippin (2013)


2014/2/14 [新譜紹介]

1. Temples / Shelter Song
2. Temples / Mesmerise


イギリスの新人バンド、デビューアルバム。
60年代から70年代のサイケデリック・サウンドに強い影響を受け、
でも非常にポップなメロディを持って、
今のシーンに対応したサウンドになっている と。



3. John Lennon McCullagh / 55 Blues
4. John Lennon McCullagh / Rivers Of Blood
5. John Lennon McCullagh / The Ballad Of Mr Henderson
6. John Lennon McCullagh / Slipping Away


イギリスの15歳の新人アーティスト。名前は本名。
全部 自身の作詞作曲で弾き語りだが、とても15歳の少年が作ったとは思えない。
メロディもすごいし、歌もすごいし、何もかも優れている。
すごい才能が出てきた と。



7. Mike Bloomfield / I'm A Country Boy
8. Mike Bloomfield / Albert's Shuffle
9. Mike Bloomfield / One Good Man


4枚組みボックスセット。
アル・クーパーが全面的に監修している。



10. Foster the People / Coming of Age (2014)


11. Polica / Trippin (2013)


2014/2/7 [新譜紹介]

1. Bruce Springsteen / Just Like Fire Would
2. Bruce Springsteen / Heaven's Wall
3. Bruce Springsteen / This is Your Sword
4. Bruce Springsteen / American Skin (41 Shots)


過去10年の未発表曲や、ライヴ音源だけだった楽曲を
きっちりもう一度スタジオ録音という形で作品化したもので、
トム・モレロがギターで参加している。
エモーショナルな楽曲ばかりだが、ファンにとっては
馴染み深い、心を動かされる歌詞世界が展開されている。
ニューアルバムといってもいい佇まいで、素晴らしい作品 と。



5. Warpaint / Keep It Healthy
6. Warpaint / Love is to Die
7. Warpaint / Feeling Alright


ロス出身の女性4人組バンド、実質的なセカンドアルバム。
ナイジェル・ゴドリッチがミキシングに参加したり、
フラッドが共同プロデューサーに名を連ねていたりと、
第一線のスタッフに支えられ、すごくいい作品になっている。
2014年という時代が、彼女たちのサウンド・デザインを
ジャストなものにしている感じ と。



8. Haim / Forever (2012)


9. Led Zeppelin / Black Dog (1971)


10. Polica / Trippin (2013)


 | BLOG TOP | 



2014年02月

<< 前の月   |  次の月 >>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

最近の記事(30件)

月間アーカイブ

ブログ内検索


インターネットでラジオが聞けます:らじる★らじる

official site (Request & Message)
ワールドロックナウ - NHK

rockin'on 7月号
2017年7月号

rockin'on BEST DISC 500 1963-2007
rockin’on BEST DISC500 1963-2007