Amazon.co.jp ウィジェット

2015/3/27 ウーマンロック [月末リクエスト]

1. Taylor Swift / Shake It Off (2014)


2. Nikki Jean / La Di Da Di Da (2011)


3. Alicia Keys / Girl on Fire (Live 2012)


4. Dum Dum Girls / Rimbaud Eyes (2014)


5. Kirsty MacColl / You Just Haven't Earned It Yet, Baby (1988)


6. Sharon Van Etten / Taking Chances (2014)


7. Bjork / Hunter (1997)


8. Beyonce / XO (2013)


9. Aretha Franklin / Rolling in the Deep (2014)




10. Sufjan Stevens / Should Have Known Better (2015)
11. Sufjan Stevens / No Shade in the Shadow of the Cross (2015)


12. Mary J. Blige / Nobody But You (2014)


2015/3/20 [新譜紹介]

1. Scorpions / All for One
2. Scorpions / Rock 'n' Roll Band
3. Scorpions / The Scratch


結成50周年記念作で、解散撤回宣言の後に作られたアルバム。
そのような背景もあり、非常に力強い作品になっている と。



4. The Districts / 4th and Roebling
5. The Districts / Peaches
6. The Districts / Suburban Smell
7. The Districts / Heavy Begs


フィラデルフィア出身の4人組み新人バンド。
プロデューサーのジョン・コングルトンの力が大きいが、良く出来たアルバム。
メジャー・シーンでも ばっちりいけそうな手応えがある と。



8. Charli XCX / Boom Clap
9. Charli XCX / Break the Rules


セカンドで、実質的な日本デビュー作。



10. Johnny Marr / The Right Thing Right (2013)


11. Blur / Go Out (2015)


12. Mary J. Blige / Nobody But You (2014)


2015/3/13 [新譜紹介]

1. The Smashing Pumpkins / Tiberius
2. The Smashing Pumpkins / One and All (We Are)
3. The Smashing Pumpkins / Run2me


全編32分という非常にタイトなアルバムだが、
素晴らしい作品になっている。
モトリー・クルーのトミー・リーがドラムを叩いており、
新しいものを実現しようという思いがビシビシと伝わってくる。
それに加え、過去の遺産も感じさせる作品を作ろう という意欲が現実化した
気合いの入ったアルバム と。



4. The Charlatans / So Oh
5. The Charlatans / Emilie


前作から4年4ヶ月。
オリジナル・メンバーであるジョン・ブルックスの死から、
もう一度決意を固め発表した新作。
状況は重いが、アルバムは明るい前向きなものにしたいという
メンバーの意志があって、それが伝わってくる と。



6. Led Zeppelin / Brandy & Coke (Trampled Under Foot) (Initial/Rough Mix)
7. Led Zeppelin / Sick Again (Early Version)
8. Led Zeppelin / Everybody Makes It Through (In the Light) (Early Version/In Transit)


リマスターシリーズ6作目。
いつものようにコンパニオン・ディスクに未発表音源が多数収録されている。



9. The Pop Group / We Are All Prostitutes (1979)


10. Madonna / Living for Love (2014)


11. Mary J. Blige / Nobody But You (2014)


2015/3/6 [新譜紹介]

1. Noel Gallagher's High Flying Birds / You Know We Can't Go Back
2. Noel Gallagher's High Flying Birds / Riverman
3. Noel Gallagher's High Flying Birds / The Girl with X-Ray Eyes


3年半ぶりのセカンド。
初のセルフ・プロデュース作。
今回は前作の感じを残しつつも、より発展させたアルバムになっている。
すごくいい と。



4. Gang of Four / Where The Nightingale Sings
5. Gang of Four / Broken Talk (feat. Alison Mosshart)


4年ぶりの新作。
アンディ・ギル1人になり、ギターのエッジがより一層印象的になっている と。



6. The Pop Group / Citizen Zombie
7. The Pop Group / Shadow Child
8. The Pop Group / Age of Miracles


35年ぶりの新作。
彼らの方法論は全然風化してないし、陳腐化していないという有り様が感動的。
素晴らしい作品 と。



9. Bob Dylan / Soon After Midnight (2012)


10. The Prodigy / Nasty (2015)


11. Mary J. Blige / Nobody But You (2014)


 | BLOG TOP | 



2015年03月

<< 前の月   |  次の月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事(30件)

月間アーカイブ

ブログ内検索


インターネットでラジオが聞けます:らじる★らじる

official site (Request & Message)
ワールドロックナウ - NHK

rockin'on 7月号
2017年7月号

rockin'on BEST DISC 500 1963-2007
rockin’on BEST DISC500 1963-2007