Amazon.co.jp ウィジェット

2015/9/25 アルバム オープニングナンバー [月末リクエスト]

1. The Clash / The Magnificent Seven (1980)


2. The Rolling Stones / Hot Stuff (1976)


3. Scorpions / Blackout (1982)


4. Sigur Ros / Gobbledigook (2008)


5. Prince and The Revolution / Around the World in a Day (1985)


6. Parliament / P. Funk (Wants to Get Funked Up) (1975)


7. The Stone Roses / I Wanna Be Adored (1989)


8. Blur / She's So High (1991)




9. The Libertines / Belly of the Beast (2015)


10. Joss Stone / This Ain't Love (2015)


2015/9/18 [新譜紹介]

1. Stereophonics / C'est la Vie
2. Stereophonics / Mr and Mrs Smith


キャリア20年、9枚目。
俺たちは俺たちだ、グッド・ソング、グッド・ミュージックは永遠だ
という姿勢がすごくクリアに出ていて、
自分たちのポジションに対しては ものすごく自信があるという
パワーを爆発させた作品 と。



3. The Arcs / Outta My Mind
4. The Arcs / The Arc


ブラック・キーズのダン・オーバックによる新しいプロジェクト。
基本的なポテンシャルは高いので、誰もが共有できる作品になっている。
すごくいい と。



5. Ms. Lauryn Hill / Feeling Good
6. Ms. Lauryn Hill / Ne Me Quitte Pas
7. Nina Simone / I Wish I Knew How It Would Feel to Be Free


ニーナ・シモンのトリビュート・アルバム。
ローリン・ヒルがアルバムの半分をプロデュースしているが、
この作品で彼女自身が自分のアーティスト生命を蘇生させたという
側面もある と。



8. The Hollywood Vampires / My Dead Drunk Friends
9. The Hollywood Vampires / School's Out / Another Brick in the Wall pt.2
10. The Hollywood Vampires / Come and Get It


アリス・クーパーとジョニー・デップが率いるスーパー・グループ。



11. Joss Stone / This Ain't Love (2015)


2015/9/11 [新譜紹介]

1. Motorhead / Tell Me Who to Kill
2. Motorhead / Shoot Out All of Your Lights
3. Motorhead / Teach Them How to Bleed


40周年、22作目。
ロック的なアドレナリンを思いっきり分泌させてくれる
パワーに満ちた曲ばかり。
タイトにまとまっていて、最初からトップギアで走り抜けていく感じがいい と。



4. Bullet for My Valentine / No Way Out
5. Bullet for My Valentine / Run for Your Life
6. Bullet for My Valentine / Raising Hell


2年ぶり5作目。
よりハードに、よりヘヴィーにと、新たな領域に突き進んだ作品。
ジェイ脱退後の初作品だが、メロディやコーラスなど新境地も伺いつつ、
スピード感やラウド感、ヘヴィーネス、ダークネスは維持されていて、
バンドとしての進化が感じられる。
初期のプロデューサー、コリン・リチャードソンを再び迎え、
瑞々しさが溢れていて、エネルギーに満ちた作品になっている と。



7. Buddy Guy / Born to Play Guitar
8. Buddy Guy / Whiskey, Beer & Wine
9. Buddy Guy / Flesh & Bone (with Van Morrison)


御年79歳。
正面突破の素晴らしいナンバーばかりが並んでいる と。



10. SOAK / Reckless Behaviour (2015)


11. New Order / Restless (2015)


12. Joss Stone / This Ain't Love (2015)


2015/9/4 [新譜紹介]

1. Tame Impala / Disciples
2. Tame Impala / The Less I Know the Better
3. Tame Impala / Past Life


大ヒットした前作に続く3rdアルバム。
今回は ものすごくポップ。
質も高く、大衆性もある。
いろいろなものに対する恐れが取り払われて、
彼自身のストレートな思いが すごく素直に出せるだけの背景を得た
転換点があったのではないか。
ストレートに彼自身の資質が反映されている素晴らしいアルバム と。



4. Public Image Ltd / Know Now
5. Public Image Ltd / Spice of Choice
6. Public Image Ltd / I'm Not Satisfied


3年ぶり10作目。
常にラジカルでありながら、どんどんポップになっていっているが
彼ら自身は変わっていない。
音楽的にも洗練され、非常に高度なものを持ったアルバム と。



7. Joss Stone / Love Me
8. Joss Stone / Wake Up


3年ぶりの新作。
今回はレゲエ。
いろんな悩み、音楽に対する考え、これからやっていくことに対する思い、
そんなものをレゲエという新しいフォーマットの中で再構築していこうと
作られている と。



9. Patti Smith / People Have the Power (1988)


10. Dr. Dre / Talking to My Diary (2015)


11. Joss Stone / This Ain't Love (2015)


 | BLOG TOP | 



2015年09月

<< 前の月   |  次の月 >>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事(30件)

月間アーカイブ

ブログ内検索


インターネットでラジオが聞けます:らじる★らじる

official site (Request & Message)
ワールドロックナウ - NHK

rockin'on 11月号
2017年11月号

rockin'on BEST DISC 500 1963-2007
rockin’on BEST DISC500 1963-2007