Amazon.co.jp ウィジェット

2015/10/30 カヴァー、この1曲 [月末リクエスト]

1. Rage Against the Machine / Kick Out the Jams (2000)


2. Arch Enemy / Breaking The Law (2014)


3. Marilyn Manson / Tainted Love (2001)


4. Kurt Vile / Downbound Train (2011)


5. David Lee Roth / California Girls (1985)


6. Yes / Every Little Thing (1969)


7. Oasis / I Am the Walrus (Live 1994)


8. David Bowie / Across the Universe (1975)


9. Guns N' Roses / Knockin' on Heaven's Door (1991)




10. Joanna Newsom / Leaving the City (2015)


11. Nina Simone / Trouble in Mind (1961)


2015/10/23 [新譜紹介]

1. The Dead Weather / I Feel Love (Every Million Miles)
2. The Dead Weather / Open Up
3. The Dead Weather / Impossible Winner


ジャック・ホワイトのプロジェクト。
5年のインターバルでの3rd。
バンドサウンドという形でフォーカスが絞られてきて、
バンドをしっかりやろうという意識が反映されている。
タイトな力の入った作品に仕上がっている と。



4. Prince / This Could B Us
5. Prince / Fallinlove2nite
6. Prince / Hardrocklover


すごい。
ここから新しい物語が始まるのではないかという
手応えのある作品 と。



7. Disclosure / Omen (feat. Sam Smith)
8. Disclosure / Holding On (feat. Gregory Porter)
9. Disclosure / Masterpiece (feat. Jordan Rakei)


どの曲も素晴らしい。
全編危なげのないクオリティ と。



10. Public Image Ltd / Death Disco (1979)


11. Nina Simone / Trouble in Mind (1961)


2015/10/16 [新譜紹介]

1. Zebrahead / Who Brings a Knife to a Gunfight?
2. Zebrahead / Worse than This


結成20周年記念アルバム。
メロディのはっきりした、ノリのいいミクスチャーロックだが、
新しい領域にも挑戦していこうという意欲も感じられる と。



3. Wilco / More...
4. Wilco / Where Do I Begin
5. Wilco / Pickled Ginger


4年のインターバルでの通算9作目。
2分台の曲が多く、全11曲で30分強。
あっというまに終わるが、内容は非常に濃い。
美しいメロディと気持ちのいいアレンジはもちろん、
前衛性とインディー感が大きな魅力 と。



6. Dr. Dre / Satisfiction (feat. Snoop Dogg, Marsha Ambrosius and King Mez)
7. Dr. Dre / Medicine Man (feat. Eminem, Candice Pillay and Anderson .Paak)
8. Dr. Dre / Talking to My Diary


Dr. Dre としては16年ぶりのリリース。
おそらく最後の作品になるだろうということで、
参加アーティストのテンションが異常に高い。
本当にすごいアルバム と。



9. Duran Duran / Pressure Off (feat. Janelle Monae and Nile Rodgers)
10. Duran Duran / Butterfly Girl


前作に続きマーク・ロンソンがプロデュースに参加。
それに加え、今回はナイル・ロジャースやジョン・フルシアンテも参加している。



11. Ride / Like a Daydream (1990)


12. Hozier / Someone New (2014)


13. Nina Simone / Trouble in Mind (1961)


2015/10/9 [新譜紹介]

1. Avicii / Waiting for Love
2. Avicii / True Believer
3. Avicii / Pure Grinding


セカンドアルバム。
EDMの本質は歌でありメロディだということを
しっかり提示してくれた作品になっている と。



4. Iron Maiden / If Eternity Should Fail
5. Iron Maiden / Speed of Light


2枚組90分。
大きな世界観と、それを表現しようとするエネルギーに満ちた、
力の入った作品。
メンバーの病気という状況の中で 
これだけのものを作ったのは すごい と。



6. Lana Del Rey / Honeymoon
7. Lana Del Rey / Don't Let Me Be Misunderstood





8. Beck, Bogert & Appice / Superstition (1973)


9. David Gilmour / Rattle That Lock (2015)


10. Nina Simone / Trouble in Mind (1961)


2015/10/2 [新譜紹介]

1. The Libertines / Heart of the Matter
2. The Libertines / Barbarians
3. The Libertines / The Milkman's Horse
4. The Libertines / Glasgow Coma Scale Blues


11年ぶりの3rd。
今回のアルバムはジェイク・ゴスリングのプロデュースで、
前2作とは明らかに違うサウンド・デザインがなされている。
見事なサウンドに全て仕上がっている と。



5. Keith Richards / Heartstopper
6. Keith Richards / Robbed Blind
7. Keith Richards / Illusion
8. Keith Richards / Substantial Damage
9. Keith Richards / Suspicious


ソロとして25年ぶりの3rd。
ノラ・ジョーンズなど、いろいろなミュージシャンが参加している。
本当に素晴らしいアルバム と。



10. Bruce Springsteen / Thunder Road (1975)


11. Madonna / Living for Love (2014)


12. Nina Simone / Trouble in Mind (1961)


 | BLOG TOP | 



2015年10月

<< 前の月   |  次の月 >>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事(30件)

月間アーカイブ

ブログ内検索


インターネットでラジオが聞けます:らじる★らじる

official site (Request & Message)
ワールドロックナウ - NHK

rockin'on 11月号
2017年11月号

rockin'on BEST DISC 500 1963-2007
rockin’on BEST DISC500 1963-2007