Amazon.co.jp ウィジェット

2015/11/27 ロックで踊れ、この1曲 [月末リクエスト]

1. Elvis Presley / Hound Dog (1956)


2. Bob Dylan / Saved (1980)


3. The Black Keys / Lonely Boy (2011)


4. Mark Ronson / Uptown Funk (feat. Bruno Mars) (2014)


5. Michael Jackson / Smooth Criminal (1987)


6. Ian Dury & the Blockheads / Dance Of The Screamers (1979)


7. U2 / Two Hearts Beat as One (1983)


8. Thom Yorke / A Brain in a Bottle (2014)


9. Daft Punk / Get Lucky (feat. Pharrell Williams) (2013)




10. Justin Bieber / What Do You Mean? (2015)


11. Don Henley / Waiting Tables (2015)


2015/11/20 [新譜紹介]

1. The Strypes / Best Man
2. The Strypes / Eighty-Four
3. The Strypes / Get Into It


今年の7月、日本でのライヴをドキュメントした作品。
ものすごいスピード感のある、熱い演奏がパッケージされている と。



4. Sam Smith / Drowning Shadows
5. Sam Smith / Latch (feat. Disclosure)


日本独自の企画アルバム。
歌の力がとんでもない と。



6. Christopher Owens / Another Loser Fuck Up
7. Christopher Owens / Me Oh My
8. Christopher Owens / Out Of Bed (Lazy Head)
9. Christopher Owens / Selfish Feelings


3rdアルバム。
今回も素晴らしい作品。
生きることに対する困難さ、息苦しさが大きなテーマになっているが、
だからこそ、こうゆうポップなアルバムが作れるという側面もある と。



10. The Beatles / I Want to Hold Your Hand (1963)
11. The Beatles / She Loves You (1963)


12. Don Henley / Waiting Tables (2015)


2015/11/13 [新譜紹介]

1. Slayer / Take Control
2. Slayer / You Against You


久しぶりの作品。
中心メンバーがいなくなってしまったが、
ものすごいテンションで、まさにスレイヤーという音を叩きつけている。
何も言うことのない完成度 と。



3. DMA's / Your Low
4. DMA's / Delete
5. DMA's / Feels Like 37


オーストラリア出身の3人組。
6曲入りのミニアルバム。
ソングライティング力は破格のものがある。
オアシスの抜けた穴を埋めてくれそうな手応えがある と。



6. EL VY / Need a Friend
7. EL VY / No Time to Crank the Sun
8. EL VY / Happiness, Missouri


ザ・ナショナルのマット・バーニンガーによる新プロジェクト。
趣味的かと思ったら、ポップでいい曲が多い。
いい作品になっている と。



9. Regina Spektor / How (2012)


10. Grimes / Flesh without Blood (2015)
11. Grimes / SCREAM (feat. Aristophanes) (2015)


12. Don Henley / Waiting Tables (2015)


2015/11/6 [新譜紹介]

1. New Order / Academic
2. New Order / Unlearn This Hatred
3. New Order / Superheated


10年ぶりの新作。
今回はダンスサウンドに仕上がっていて、ファンの思いが音に込められている。
実にニュー・オーダーらしい作品 と。



4. Joanna Newsom / Waltz of the 101st Lightborne
5. Joanna Newsom / Divers


竪琴を弾きながらパフォーマンスする注目の女性シンガー。
5年ぶりの新譜。
音楽的にもユニークだが、歌詞も素晴らしい と。



6. The Jam / In the Crowd (1978)


7. The Roots / The Seed (2.0) (feat. Cody ChesnuTT) (2002)


8. Nothing But Thieves / Ban All The Music (2015)
9. Nothing But Thieves / Painkiller (2015)


10. Don Henley / Waiting Tables (2015)


 | BLOG TOP | 



2015年11月

<< 前の月   |  次の月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事(30件)

月間アーカイブ

ブログ内検索


インターネットでラジオが聞けます:らじる★らじる

official site (Request & Message)
ワールドロックナウ - NHK

rockin'on 11月号
2017年11月号

rockin'on BEST DISC 500 1963-2007
rockin’on BEST DISC500 1963-2007