Amazon.co.jp ウィジェット

2016/3/25 ウーマンロック [月末リクエスト]

1. Courtney Barnett / Elevator Operator (2015)


2. St. Vincent / Bad Believer (2014)


3. Ibeyi / Fly (2015)


4. The Little Flames / Goodbye Little Rose (2004)


5. Madonna / Devil Pray (2014)


6. Kate Bush / Symphony in Blue (1978)


7. Joanna Newsom / You Will Not Take My Heart Alive (2015)


8. Norah Jones / Miriam (2012)


9. Taylor Swift / Tim McGraw (2006)




10. Pet Shop Boys / The Pop Kids (2016)


11. Robert Glasper / Good Morning (2015)


2016/3/18 [新譜紹介]

1. Sunflower Bean / Wall Watcher
2. Sunflower Bean / Easier Said


ニューヨーク出身の3人組新人バンド。
サイケがかった、ふわふわした音が基本トーン と。



3. Beach House / All Your Yeahs
4. Beach House / Elegy to the Void


前作から2ヶ月という、異例なインターバルでの6枚目。
一種の雰囲気バンドから、
自分たちの音楽性をガッチリ示して 世界観をしっかり提示していきたい
という姿勢が示されている、メッセージ性の強い作品 と。



5. Jeff Buckley / Calling You
6. Jeff Buckley / Night Flight
7. Jeff Buckley / Dream of You and I
8. Jeff Buckley / Just Like a Woman


彼が残したと噂されていた、カヴァー曲を歌ったスタジオテイク集。
93年の録音。
ライヴハウスでのテイクは既に発表されていたが、
スタジオ録音のインパクトはものすごい と。



9. Bruce Springsteen / Independence Day (1980)


10. Robert Glasper / Good Morning (2015)


2016/3/11 [新譜紹介]

1. Hinds / Easy
2. Hinds / Bamboo
3. Hinds / Castigadas En El Granero
4. Hinds / I'll Be Your Man


スペイン出身の4人組み女性ロックバンド。
メロディーからボーカル、ギターまで、2人が均等に担当しながら作っている。
クオリティはすごい。
初期衝動と出オチだけではない というのが伝わってくる と。



5. KING / Oh, Please!
6. KING / Supernatural (Extended Mix)
7. KING / Red Eye


プリンス、エリカ・バドゥらが絶賛している
女性3人組みR&Bグループ。
デビューEPから5年で、ようやくのアルバムリリース。



8. Kula Shaker / Sound of Drums (1999)


9. Blossoms / At Most a Kiss
10. Blossoms / Wretched Fate


11. Robert Glasper / Good Morning (2015)


2016/3/4 [新譜紹介]

1. The Qemists / Jungle (feat. Hacktivist)
2. The Qemists / No Respect (feat. Ghetts)


3枚目。
ちょっと長いインターバルがあったが、その満を持して感が反映されていて、
リスナーが求めるサウンドをばっちりやっていて素晴らしい。
歌モノをメインに置こうという意志もしっかりあって、
それが本作の一つのキャラクターになっている と。



3. Kula Shaker / Oh Mary
4. Kula Shaker / Get Right Get Ready


6年ぶり5枚目。
まさに原点回帰。
ファーストアルバムの2016年版というスタンスで作られていて、
本来的な魅力であるポップセンスも すごくストレートに反映されている と。



5. Animal Collective / FloriDada
6. Animal Collective / Bagels in Kiev
7. Animal Collective / Golden Gal


3年半ぶり。
自由でフリーキーなノリがすごく発揮されている。
アートというテーマ性のもとに、
1曲ごとに独特な世界を展開する、本当に楽しいアルバム と。



8. Zardonic / For Justice
9. Zardonic / Pure Power


ベネズエラ出身のDJ。
へヴィーロックとEDMの合体。
なんのひねりもないB級感が痛快 と。



10. SIA / Hostage (2014)


11. Kendrick Lamar / Alright (2015)


12. Robert Glasper / Good Morning (2015)


 | BLOG TOP | 



2016年03月

<< 前の月   |  次の月 >>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事(30件)

月間アーカイブ

ブログ内検索


インターネットでラジオが聞けます:らじる★らじる

official site (Request & Message)
ワールドロックナウ - NHK

rockin'on 9月号
2017年9月号

rockin'on BEST DISC 500 1963-2007
rockin’on BEST DISC500 1963-2007