Amazon.co.jp ウィジェット

2016/6/24 最強のイントロ、この1曲 [月末リクエスト]

1. Red Hot Chili Peppers / Can't Stop (2002)


2. U2 / Vertigo (2004)


3. Beastie Boys / (You Gotta) Fight for Your Right (To Party!) (1986)


4. David Bowie / Let's Spend the Night Together (1973)


5. Pearl Jam / Jeremy (1991)


6. Radiohead / Airbag (1997)


7. Muse / Plug In Baby (2001)


8. The Rolling Stones / Miss You (1978)


9. Jimi Hendrix Experience / Purple Haze (1967)




10. Beck / Wow (2016)


11. Robert Glasper / Good Morning (2015)


2016/6/17 [新譜紹介]

1. Elle King / Where the Devil Don't Go
2. Elle King / Ex's & Oh's


3年を費やして作られたデビューアルバム。
ようやくの日本盤リリース。
ボーカルの存在感がすごい。
パフォーマーとしてのポテンシャルも高く、
ルックスもインパクトがある と。



3. Radiohead / Ful Stop
4. Radiohead / Identikit
5. Radiohead / Present Tense


傷心がこのアルバムの大きなエネルギーになっていて、
前衛性と先鋭性と、わかりやすいポップなエモーションが合体して、
ロック的なエモーショナルに貫かれたコマーシャルな作品になっている。
傑作だと思う と。



6. Bob Dylan / All the Way
7. Bob Dylan / Melancholy Mood


前作と同じようにカヴァー作品。
ただすごい と。



8. Cyndi Lauper / I Want to Be a Cowboy's Sweetheart (feat. Jewel)




9. Jake Bugg / Bitter Salt
10. Jake Bugg / Ain't No Rhyme
11. Jake Bugg / Never Wanna Dance


3rdアルバム。
今回の作品は非常に多様な音楽性を持っていて、
曲として出したいというエネルギーが感じられる と。



12. Robert Glasper / Good Morning (2015)


2016/6/10 [新譜紹介]

1. Catfish and the Bottlemen / Postpone
2. Catfish and the Bottlemen / Oxygen
3. Catfish and the Bottlemen / Outside


セカンドアルバム。
すご腕プロデューサーの手によって、
明らかにバンドとしてのレベルを上げてきた手応えのある作品。
11曲収録だが、シングルが11曲集まったような勢いが感じられる。
世界的なブレイクに向かって確実に歩を進めている と。



4. Richard Ashcroft / Hold On
5. Richard Ashcroft / Ain't the Future so Bright


10年ぶりのソロ作。
通算4枚目。
音楽から少し離れていた距離と時間によって、
王道の歌謡メロディに文学的な要素が程よく混ざった、
自分の本来的な魅力、最も得意とするスタイルに帰着した気がする と。



6. Gold Panda / Chiba Nights
7. Gold Panda / Your Good Times Are Just Beginning


2014年に来日したことがきっかけで出来た作品。
当然 日本が大きなテーマの一つになっている。
彼の特徴であるフィジカルでエモーショナルな方向性が強く出ている と。



8. The Beatles / The Word (1965)


9. Oasis / Fade Away (1994)


10. Car Seat Headrest / Fill in the Blank (2016)


11. Robert Glasper / Good Morning (2015)


2016/6/3 [新譜紹介]

1. Saosin / The Secret Meaning of Freedom
2. Saosin / The Silver String


7年のインターバルでの3rd。
ボーカルのアンソニーの復帰作。
いろいろなケミストリーがふつかりあい、エネルギーに満ちた
新しいデビュー作というような作品になっている と。



3. Prince / Screwdriver
4. Prince / Stare
5. Prince / Big City


遺作となってしまった作品。
ここから新しくスタートする意識で、
過去の作品や未発表曲、新曲をごった煮的に入れて、
現在・過去・未来を俯瞰して見せる特別な作品。
今後、いろいろな形で聴かれ、解析され、
いろいろなものが「プリンスとは何か」という視点において、
発見されていく作品だろう と。



6. Robert Glasper / Milestones (feat. Georgia Ann Muldrow)
7. Robert Glasper / Song For Selim (feat. KING)
8. Robert Glasper / Right On Brotha (feat. Stevie Wonder)


ロバート・グラスパーが手がけたマイルス・デイビスのトリビュート作。
マイルスの音源を使い、それを解体して、非常にモダンなアプローチで、
いろいろな形で表現している と。



9. Bruce Springsteen / The Ties That Bind (1980)


10. The Stone Roses / All for One (2016)


11. Robert Glasper / Good Morning (2015)


 | BLOG TOP | 



2016年06月

<< 前の月   |  次の月 >>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事(30件)

月間アーカイブ

ブログ内検索


インターネットでラジオが聞けます:らじる★らじる

official site (Request & Message)
ワールドロックナウ - NHK

rockin'on 7月号
2017年7月号

rockin'on BEST DISC 500 1963-2007
rockin’on BEST DISC500 1963-2007