Amazon.co.jp ウィジェット

2016/10/28 カヴァー、この1曲 [月末リクエスト]

1. Jimi Hendrix / Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Live 1967)


2. Anthrax / Bring the Noise (1991)


3. The Cardigans / Das Model (2003)


4. Sandie Shaw / Hand in Glove (1984)


5. Ryan Adams / Wonderwall (2004)


6. Astrud Gilberto / Light My Fire (1969)


7. The Doors / Crawling King Snake (1971)


8. Patti Smith / Gloria (1975)


9. Cat Power / (I Can't Get No) Satisfaction (2000)


10. Robert Glasper Experiment / Human (2016)




11. The Clash / White Riot (1977)


12. Robert Glasper / Good Morning (2015)


2016/10/21 [新譜紹介]

1. Green Day / Revolution Radio
2. Green Day / Still Breathing
3. Green Day / Forever Now


依存症による療養生活からの復帰という、
非常に厳しいストーリーのもとに作られた最新作。
すごくエモーションで感動的な素晴らしい作品になっている。
苦しい時期を経たからこそ、これだけエモーショナルな作品を
作ってくれたんだろう と。



4. Norah Jones / Tragedy
5. Norah Jones / Don't Be Denied
6. Norah Jones / Carry On


ファンが求めていた、非常に洗練されたジャズテイストの美しいメロディと、
ポップなテイストを持った作品。
一瞬カフェ・ミュージック風だが、音楽の奥行きは深く、歌詞もすごい と。



7. Bob Dylan / The Times They Are a-Changin' (1964)


8. Metallica / Hardwired
9. Metallica / Moth Into Flame


10. Robert Glasper / Good Morning (2015)


2016/10/14 [新譜紹介]

1. M.I.A. / Fly Pirate
2. M.I.A. / Borders
3. M.I.A. / Survivor


これが最後のアルバムになるということだが、真意はわからない。
歌われているテーマは彼女らしいラジカルなストレートなもので、
政治的なメッセージは過激だが、音楽的にはポップなものが多く、
市場との親和性が高い曲が沢山入っている と。



4. KT Tunstall / Hard Girls
5. KT Tunstall / Two Way (feat. James Bay)


今回は すごくポップ。
キャリア的に順調で、いい作品が作られている手応えのある作品 と。



6. Steel Mill / He's Guilty (The Judge Song)
7. The Bruce Springsteen Band / Ballad of Jesse James
8. Bruce Springsteen / Henry Boy


何年もかけて作った自伝に関連したCD。
代表曲が並んでいるが、5曲だけ初期の未発表音源が入っている。



9. Manic Street Preachers / Autumnsong (2007)


10. Oasis / Acquiesce (1998)


11. Robert Glasper / Good Morning (2015)


2016/10/7 [新譜紹介]

1. Led Zeppelin / Communication Breakdown
2. Led Zeppelin / What Is and What Should Never Be
3. Led Zeppelin / Sunshine Woman


今回、ディスク3に これまでの未発表音源が収録されているが、
初期の生々しさが伝わってきて非常にいい。
非常にレアなグルーヴが収められている。
音質的には厳しいものもあるが、それが余計に臨場感を増している と。



4. Jack White / City Lights
5. Jack White / Carolina Drama (acoustic mix)
6. Jack White / Just One Drink (acoustic mix)


彼のキャリアの中からアコースティック・ナンバーばかりを選んだもの。
通常の楽曲もアコースティック・ミックスとして収録している。
アコースティックというスタイルを取ることによって、
彼の表現したいことの一貫性が より一層リアルに伝わってくる と。



7. Robert Glasper Experiment / Written In Stone
8. Robert Glasper Experiment / Find You


3rdアルバム。
前衛的でアグレッシヴな音ではなく、R&B的な世界観の不思議な楽曲が多い。
引き出しが無数にあるので、いろんなものを出してくるんだな と。



9. David Bowie / Ashes to Ashes (1980)


10. Kanye West / Fade (2016)


11. Robert Glasper / Good Morning (2015)


 | BLOG TOP | 



2016年10月

<< 前の月   |  次の月 >>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事(30件)

月間アーカイブ

ブログ内検索


インターネットでラジオが聞けます:らじる★らじる

official site (Request & Message)
ワールドロックナウ - NHK

rockin'on 11月号
2017年11月号

rockin'on BEST DISC 500 1963-2007
rockin’on BEST DISC500 1963-2007