Amazon.co.jp ウィジェット

2007/5/25 ロック前フリ [月末リクエスト]

21世紀のQUEENと、彼らのことを呼ぶ人もいる。
確かにギターのソロはちょっと似ている...。
コーラスも、なんとなく似ていなくもない。
だけど絶対違うところがある。
髭を生やして、タイツをはいたジェラルドだけは
どうしても想像することができない...。

My Chemical Romance / This Is How I Disappear




これぞレッチリ、代表作。
歌メロないのに、この興奮。
多くは語れぬ、イントロ短し11秒。

Red Hot Chili Peppers / Give It Away




Vote for Change での絶望は、エディ・ヴェダーを怒りと激情の男として蘇らせた。
僕らが待っていた、そして大好きなパール・ジャムがここにいる...。

Pearl Jam / Last Exit




もう「地味だね」とは言わせない。
「えっ? 作曲もなさってるんですか?」なんて、二度と言わせない。
俺はジョージ・ハリスン。
レノン=マッカートニーがすべてじゃないぜ。

The Beatles / While My Guitar Gently Weeps




人生楽ありゃ苦もあるさ。
日本じゃ水戸黄門のテーマでおなじみ。
マンチェスターが生んだマンネリ兄弟率いるオアシス。
彼らが歌うのは "Importance Of Being Idle"
ラジオの前の君たち、頭が高い! 控えおろう~。

Oasis / Importance Of Being Idle




雨にも負けず、風にも負けず、雷よりデカイ音を出し、
西にイモバンドと言う人があれば、行ってそれを諭し、
東に音がはずれていると言う人があれば、
「てめえにはグルーヴってもんがねえのか」とケンカをふっかける。
かくして一人の音楽評論家が生まれたのである...。

Grand Funk Railroad / We're An American Band




田舎の駅にたたずむ二つの影。
恋の終わった俺と、白いスーツ姿の女。
いや、俺の思いはまだ終わっちゃいねえ。
「向こうに知り合いはいるのか?」
「仕事は見つかりそうか?」
女は黙って列車のくる方向を見つめている。
サングラスに隠された瞳はもう俺に何も訴えかけはしない。
俺は別れ際に言う言葉を探している。
目の前に広がるのは荒涼とした砂漠といやになるほどの青い空。
ポツンと一つ、雲がゆっくり流れていく...。

The Rolling Stones / Love in Vain




命短し、恋せよ親父。
恋する自分に恋をする究極のナルシスト、
そんなブライアン・フェリーの恋愛妄想を具現化する手段として結成されたのが、
このロキシー・ミュージック。
世間的にはポップとアバンギャルドの合体だとか、
キッチュでスタイリッシュだとか、いろいろ言われてますが、
それはフェリーにとっては些細な事でしかありません。
なぜなら彼にとって最も重要な事は、歌を唄うことではなく、
恋をすることだからです。
永遠の恋愛詩人フェリーにとって恋は人生そのもの。
恋のない人生なんて、フェリーには生きる価値もないのです。
そう、まさにフェリーにとって Love is the Drug だったのです...。

Roxy Music / Love Is the Drug




ヨーイチです。ちょっと今月のリクエストが少ないとです。
ヨーイチです。お題をちょっとひねりすぎたかもしれません。
ヨーイチです。パティの Gimme Shelter 最高とです。
ヨーイチです。でもアレンジ、そのままじゃないとですか。
ヨーイチです。ヒロシのギャグ パクりました。しかも時代遅れです。
ヨーイチです。ヨーイチです。ヨーイチです...

Patti Smith / Gimme Shelter




レイジの皆様方。
フェス1回かなんか知らないけども、復活するんだって?
俺はその理由を知っている。
金のため? つまらないジョークはよせ。
復活するのは必然。
テロの多発、モラルの低下、どんどんおかしくなっていく世界。
とりあえずチャリティコンサートに出てりゃいいと思っている奴ら。
Love & Peace って言ってて、何にもしねえ口だけの奴ら。
そんな奴らに本当に戦うってことを教えてやりに戻ってきたんだろう?
叫べザック!

Rage Against The Machine / Guerrilla Radio




未曾有のセールスの代償として作者が引き受けたのは、
アメリカへの批判というメッセージを、真逆の愛国的プロパガンダとして使われる不幸だった。
ポップミュージックの皮肉な宿命を担いつつも、輝き続けるロックのスタンダード。

Bruce Springsteen / Born in the U.S.A




時は1992年。
ある人間が発表した "Selected Ambient Works 85-92" という作品が
ちょっとした事件になりました。
テクノファンのみならず、ロックファンからも絶賛された、この作品を作った人物。
その名もエイフェックス・ツインことリチャード・D・ジェームズ。
その後も破竹の勢いで、すっかりワープの稼ぎ頭。
契約金で戦車を買い、
「クズみたいな音楽を少しでも減らすために他人の曲のリミックス依頼を受ける」
なんて平気でぬかす、粋でいなせなコンゴっ子。
そんな彼が、1999年ノストラダムスの大予言 世界が終わると言われたその年、
高らかに世界に鳴らした葬送行進曲。
心を込めて歌います。

Aphex Twin / Windowlicker




13. Modest Mouse / Dashboard


14. Patti Smith / Soul Kitchen


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 



2017年09月

<< 前の月   |  次の月 >>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事(30件)

月間アーカイブ

ブログ内検索


インターネットでラジオが聞けます:らじる★らじる

official site (Request & Message)
ワールドロックナウ - NHK

rockin'on 10月号
2017年10月号

rockin'on BEST DISC 500 1963-2007
rockin’on BEST DISC500 1963-2007