Amazon.co.jp ウィジェット

2008/7/18 [新譜紹介]

1. Lez Zeppelin / Communication Breakdown
2. Lez Zeppelin / On the Rocks


女性のみの4人組カバーバンド。
かなりおもしろく、本格的で、完コピに近い形でツェッペリンを再現している。
概ねカバーばかりだが2曲オリジナルがあり、うち1曲はインスト。
この辺りからもツェッペリン理解の深さを感じる。
カバーをやってるうちに、ツェッペリンの音楽的な構造を学び、
それが自分達のオリジナルに反映されているようだ と。



3. Primal Scream / Can't Go Back
4. Primal Scream / Necro Hex Blues


王道プライマル路線。
前作から一転、本来的な佇まいに戻って元気な作品を作っている。
一番得意とする打ち込みベースのハッピーで元気なロックンロール、
そこに突き走っている。
ただ、アルバム全部を聴くといろんな楽曲がある...と。



5. MGMT / Time to Pretend
6. MGMT / Pieces of What
7. MGMT / Future Reflections


2002年結成、2005年デビューの2人組新人バンド。
楽観的な未来は語れない、シニカルにならざるを得ない、でもロックはやりたい
という彼ら自身の気分と世界観と教養が詰まっている。
彼ら自身の基本にある世界観はすごくポジティブだが、
それが実現しないためにこうなるという、ねじれ加減が心を打つ。
ポップロックバンドとして非常に体力を持っている と。



8. The Subways / All or Nothing
9. The Subways / Strawberry Blonde
10. The Subways / Lostboy


セカンドアルバム。
ブッチ・ヴィグのプロデュースにより、ラウドでハードな音作りに変わり、
1stに見られたキャッチーでポップで、ちょっとセンチメンタルで というテイストは
薄くなって、かなりイケイケになっている。
日本のファンには「この筋肉質な音は...何だ?」と感じる作品では と。



11. Blood Red Shoes / I Wish I Was Someone Better


12. Sigur Ros / Gobbledigook


13. Billy Bragg / Sing Their Souls Back Home


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 



2017年07月

<< 前の月   |  次の月 >>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事(30件)

月間アーカイブ

ブログ内検索


インターネットでラジオが聞けます:らじる★らじる

official site (Request & Message)
ワールドロックナウ - NHK

rockin'on 8月号
2017年8月号

rockin'on BEST DISC 500 1963-2007
rockin’on BEST DISC500 1963-2007