Amazon.co.jp ウィジェット

2008/8/8 [新譜紹介]

1. Hadouken! / Crank It Up
2. Hadouken! / Declaration of War


イギリス中産階級出身の5人組、ようやくのデビューアルバム。
音そのものだけではなく、世界観から何から いわゆるB級感覚で作られているが、
これは明らかに確信犯的なもの。
彼ら自身には、怒りとか絶望などという形の具体的な歌いたいものがあるわけでは
ないが、何がしか止まることのない衝動みたいなものがある。
そうゆうものを どう音楽として定着させていくか という方法論が極まったもので、
B級でキッチュで楽しげには見えるが、どこかに絶望的なニヒリズムが漂っている。
この辺のさじ加減が今後どう展開していくのか...と。



3. My Chemical Romance / Welcome to the Black Parade
4. My Chemical Romance / Famous Last Words


2007年10月7日、メキシコシティでの最終公演をそのままパッケージした
ライブアルバム。
The Black Parade は大成功だったが、同時に バンドそのものを Black Parade が
寄生してしまっていく危険性がある程のものであったために、
ここで一旦 Black Parade というコンセプトにピリオドを打つことを
オーディエンスに伝える必要を感じ、この作品が出たのであろう。
内容的にも、彼らが何をやりたいのかというメッセージが強く伝わってくる作品になっている。
DVD付ライブアルバムというより、DVDにCDが付いている感じ と。



5. Beck / Orphans
6. Beck / Modern Guilt
7. Beck / Youthless


僕らのベックが帰ってきてくれた、そんな感じ。
ナイジェル・ゴッドリッチと離れ、デンジャー・マウスと組んで作っているが、
これが大成功。
30分強のアルバムだが、ポップでタイトな、でもベック以外ありえない
非常にソフィスケイトされたポップソングが並んでいる素晴らしい作品 と。



8. Dirty Pretty Things / Tired of England
9. Dirty Pretty Things / Come Closer


セカンド。
カール・メロディは健在で、よりポップに展開している感じ と。



10. The Zutons / Zuton Fever


11. Brian Eno / Burning Airlines Give You So Much More


12. David Bowie / Ziggy Stardust


13. Ry Cooder / Steel Guitar Heaven


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 



2017年08月

<< 前の月   |  次の月 >>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事(30件)

月間アーカイブ

ブログ内検索


インターネットでラジオが聞けます:らじる★らじる

official site (Request & Message)
ワールドロックナウ - NHK

rockin'on 9月号
2017年9月号

rockin'on BEST DISC 500 1963-2007
rockin’on BEST DISC500 1963-2007