Amazon.co.jp ウィジェット

2009/7/3 [新譜紹介]

1. In Case Of Fire / Violence and Pictures
2. In Case Of Fire / This Time We Stand


北アイルランド出身の新人バンド、メジャーデビュー作。
トリオ編成だが、スケール感と迫力はなかなかのもの。
わかりやすいメロディ、卓越した演奏技術、非常に安定したバンドアンサンブル、
それに加えて異常にわかりやすいロック的な要素を持っている。
新人バンドとしてはかなり高水準なクオリティを保証している感があるが、
今後どれだけのプラスアルファを手に出来るかが勝負かもしれない と。



3. Daniel Merriweather / For Your Money
4. Daniel Merriweather / Impossible
5. Daniel Merriweather / Water and a Flame
11. Daniel Merriweather / Getting Out


イギリスの新人男性シンガー。
Amy Winehouse、Duffy、Adele の男版といった感じで、Mark Ronson プロデュース。
これは売れるだろうという、非常に今の時代にマッチした音作り。
ただ歌詞は非常に暗く、独特の時代に対する閉塞感と敗北感、挫折感みたいなものが
センチメンタルにかつエモーショナルに歌われていて、
これが今の時代の雰囲気や聞き手の感性にすごく合って成功を収めたのでは。
Mark Ronson 以外のプロデュース曲でもすごくいいものを作っていて
彼の実力によってこの作品は作られていることがわかる。大丈夫そうだ と。



6. Simon & Garfunkel / For Emily, Whenever I May Find Her
7. Simon & Garfunkel / Scarborough Fair - Canticle
8. Simon & Garfunkel / The Boxer


40年前のライヴ作品。
ボーカルとギター1本の音なのでサウンドは古めかしい感じがするかもしれないが、
作品クオリティは遙かに今の一連のものを凌駕している。
ボーカルハーモニーと、メロディの格調の高さと、一種緊張感あふれる楽曲としての
佇まいは本当にすごい と。



9. Pet Shop Boys / Pandemonium


10. Kasabian / Fire


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 



2017年09月

<< 前の月   |  次の月 >>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事(30件)

月間アーカイブ

ブログ内検索


インターネットでラジオが聞けます:らじる★らじる

official site (Request & Message)
ワールドロックナウ - NHK

rockin'on 10月号
2017年10月号

rockin'on BEST DISC 500 1963-2007
rockin’on BEST DISC500 1963-2007