Amazon.co.jp ウィジェット

2009/12/11 [新譜紹介]

1. Them Crooked Vultures / Mind Eraser, No Chaser
2. Them Crooked Vultures / No One Loves Me & Neither Do I


デイヴ・グロール、ジョン・ポール・ジョーンズ、ジョシュ・オムが結成した
スーパー・バンド。
3人でセッションしながら生まれたものをCD化したということだが、
イメージされているのは明らかにツェッペリン。
21世紀におけるレッド・ツェッペリンというものは如何なるものか というのを
ジョン・ポール・ジョーンズを迎えてデイヴ・グロールがやってみた という感じ。
そして、それはかなり成功している と。



3. Lady Gaga / Bad Romance
4. Lady Gaga / Speechless


セカンドアルバム。
みんなが期待する通りのサウンド・メロディが展開されている。
本作は、彼女のキャリアだけでなく
内面性までもリアルに歌の中でしっかり表現しきれている と。



5. Kid Cudi / Make Her Say
6. Kid Cudi / Up Up & Away


カニエ・ウエスト門下。彼のレーベルから登場した新人ラッパー。
このアルバムは組曲形式になっていて、彼自身の生い立ち・人生みたいなものを
一つのアルバムで表現しきっているように感じる と。



7. 50 Cent / Baby by Me
8. 50 Cent / Ok, You're Right


アルバム全体から いろんな意味でこれが勝負作 という気合いが感じられる と。



9. Judas Priest / Eat Me Alive (Live)


10. U2 / I Still Haven't Found What I'm Looking For (1987)


11. Bob Dylan / The Christmas Blues


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 



2017年11月

<< 前の月   |  次の月 >>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事(30件)

月間アーカイブ

ブログ内検索


インターネットでラジオが聞けます:らじる★らじる

official site (Request & Message)
ワールドロックナウ - NHK

rockin'on 12月号
2017年12月号

rockin'on BEST DISC 500 1963-2007
rockin’on BEST DISC500 1963-2007