Amazon.co.jp ウィジェット

2011/6/3 [新譜紹介]

1. Arctic Monkeys / Don't Sit Down 'Cause I've Moved Your Chair
2. Arctic Monkeys / She's Thunderstorms
3. Arctic Monkeys / Reckless Serenade
4. Arctic Monkeys / Suck It and See


いつものジェイムズ・フォードによるプロデュース。
すごくいい。
4枚目にして より一層ステージを上げた感じ。
メロディメーカーとしての才能に忠実に、確信に満ちた楽曲が並んでいる。
余計な事をせず、裸のメロと歌詞と歌と楽器を聞かせようという姿勢で臨んだようで、
それが全て成功しており、
彼らの本来的なバンドとしてのポテンシャルの高さがそのまま発揮されている と。



5. Ben Harper / Rock N' Roll Is Free
6. Ben Harper / Don't Give Up on Me Now
7. Ben Harper / Do It for You, Do It for Us


今までの すごくストレートでポジティヴなグルーヴとはちょっと違う、
非常にメランコリックで、どこか内省的な趣を持った作品。
それがこの作品に深みを与え、奥行きを与え、すごくいいものになっている と。



8. Thurston Moore / Circulation
9. Thurston Moore / Illuminine


2枚目のソロアルバム。
ベックのプロデュースで、コラボレーションがうまくいったという手応えがある。
静かな曲が多いが、どの曲も奥行きのある素晴らしいナンバーばかり と。



10. Pearl Jam / Black (1991)


11. Prince and The Revolution / Raspberry Beret (1985)


12. Thurston Moore / Benediction


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 



2017年09月

<< 前の月   |  次の月 >>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事(30件)

月間アーカイブ

ブログ内検索


インターネットでラジオが聞けます:らじる★らじる

official site (Request & Message)
ワールドロックナウ - NHK

rockin'on 10月号
2017年10月号

rockin'on BEST DISC 500 1963-2007
rockin’on BEST DISC500 1963-2007