Amazon.co.jp ウィジェット

2011/12/23 三者鼎談 [特番]

2011年総括(guest : 大貫憲章、伊藤政則)

伊藤政則 select

1. Lou Reed & Metallica / The View


伊藤-メタリカっぽいけどメタリカらしくない作品で、とても面白い。
渋谷-ルーリードにしてはシャウトしている。



2. Dream Theater / On the Backs of Angels


伊藤-新しいドラマーを迎えてのアルバム。
    すごく透明感があって、音もすごくクリア。
    ハイファイな感じになって、曲も落ち着いた感じだけどドラマティックでいい。
大貫-日本人の好みにぴったり合ってる。
    ドラマチックだし、好きな人は絶対好き。
伊藤-良く出来たアルバムで、作品全体がすごくいい緊張感と透明感を持ってる。
渋谷-ちょっとアク抜けしちゃってない?
伊藤-確かに。泥臭いところはなくなった。



3. Rival Sons / All Over the Road


伊藤-カリフォルニアの新人4人組。
    ガレージっぽい。ブルースと、ドアーズとかツェッペリンとかの時代の音。
渋谷-ツェッペリンっぽい。ボーカルがロバート・プラントに似てる。
伊藤-今年出た新人の中ではとてもユニークなバンド。
    LAの派手さではないところがあっていい。
大貫-アーシーな感じでかっこいい。



4. Johnny Winter / Dust My Broom (feat. Derek Trucks)


伊藤-彼がインスパイアされたブルースの曲を多彩なゲストを交えて作った作品。



5. Gary Moore / Parisienne Walkways (1978)


伊藤-非常に衝撃的な死だった。
    アイリッシュっぽいハードロックアルバムを作るといっていたので残念。



大貫憲章 select

6. Two Wounded Birds / My Lonesome


大貫-男女ユニットのミニアルバム。聴いてて気持ちいい。
渋谷-いいね、これ。
    シャドウズ、ベンチャーズ風。
大貫-こうゆう曲ばかりではなく、アルバムにはいろいろ入ってる。
    60年代とかのものを自分たちなりのフィルターを通してやってる。
渋谷-すごく面白いけど、なんか予定調和なものもある。



7. Black Lips / Family Tree


大貫-生きがいい。ラモーンズ好きな人にも気に入ってもらえるかも。
    ラモーンズよりポップで、ちょっと茶化しているようなところもある。
渋谷-いいけど来年いなそう。



8. Nick Pride and the Pimptones / Lay It On The Line (feat. Zoe Gilby)


大貫-イントロのホーンの感じが昭和歌謡みたい。
渋谷-ほんと歌謡曲みたい。和田アキ子。



9. Kitty, Daisy & Lewis / Tomorrow


大貫-今回もいいアルバム。スカが多めに入ってる。



10. Samantha Fish / Down In The Swamp


大貫-20才そこそこのブルースガール。
    来年やってるかわからないが、かわいい。
渋谷-とても22才のギターとは思えない。すごい。歌はヘタだけど。



渋谷陽一 select

11. Kanye West / Power (2010)


渋谷-このアルバムはすごい。
    いにしえのロックを 今どきの音楽の文脈の中で
    どう再構成させていくのかという、一番優れた例。
伊藤-よくわかんない。これならクリムゾン聴いてたほうがいい。



12. James Blake / Limit to Your Love


渋谷-今年大変な話題になったダブステップ。
    ジェイムス・ブレイクは基本的な音楽的な面白さがある。
伊藤-ドラムン・ベースとの違いがわからない。
大貫-普段は聞かないが、ダンスに特化したものの中では歌として聴けるものはある。



13. Paul Simon / Getting Ready for Christmas Day


渋谷-傑作。21世紀の方法論が採られていて、
    これだけモダンでコンテンポラリーな音を作っているところがすごい。
伊藤-民族的な要素が入っていて、それがいい。



14. Bruce Peninsula / Shutters


渋谷-カナダでは結構知られているインディーバンド。
大貫-やってることは非常にまっとう。
    全体的に確信を持って作ってる。
    コーラスがうまい。肉声をうまく使ってる。
    フリート・フォクシーズを思い出した。
渋谷-バンドの雰囲気としては60年代・70年代のものを感じさせるものがある。



15. R.E.M. / We All Go Back to Where We Belong


渋谷-ポップミュージックをどうクレバーに乗り越えていくのかという
    トライアルの一つ。
    これからのシーンで生き残っていくのは どうゆうことかというのを
    改めて考えされられる。



16. St.Vincent / Strange Mercy


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 



2017年08月

<< 前の月   |  次の月 >>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事(30件)

月間アーカイブ

ブログ内検索


インターネットでラジオが聞けます:らじる★らじる

official site (Request & Message)
ワールドロックナウ - NHK

rockin'on 9月号
2017年9月号

rockin'on BEST DISC 500 1963-2007
rockin’on BEST DISC500 1963-2007