Amazon.co.jp ウィジェット

2012/10/19 [新譜紹介]

1. Benjamin Gibbard / Teardrop Windows
2. Benjamin Gibbard / Shepherd's Bush Lullaby
3. Benjamin Gibbard / Dream Song
4. Benjamin Gibbard / Bigger Than Love


デス・キャブ・フォー・キューティーのフロントマン、初ソロアルバム。
日本の洋楽シーンに非常に親和性が高い音。
バンドのファンも納得するし、そうでない人にも気に入ってもらえる
日本の洋楽ファンの好みにあった作品だと思う。
いいアルバム と。



5. Aimee Mann / Charmer
6. Aimee Mann / Gumby


4年ぶりのアルバム。
いつものメランコリックな感じではなく、
暗い題材を明るいテイストで表現することをコンセプトに、
70年代のニューウェーヴ・ポップの手法を使って作ったよう。
声が美人で魅力的 と。



7. No Doubt / One More Summer
8. No Doubt / Undercover


前作から11年ぶりの復活作。
作品を生み出すために時間とエネルギーをかなり費やしたようだが、
結果、すごく無理のない 自分たちの今の温度に忠実でありながらも、
彼らのポップ魂はしっかりと存在している作品になっている と。



9. Muse / Supremacy
10. Muse / Follow Me


前作よりは全方位で、いろいろ実験的なことをやってたりするが、
基本的に過剰なドラマチックさは確保されている...と。



11. The Band / The Unfaithful Servant (1969)


12. Foo Fighters / My Hero (1997)


13. DJ Shadow / Won't You Be (2012)


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 



2017年08月

<< 前の月   |  次の月 >>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事(30件)

月間アーカイブ

ブログ内検索


インターネットでラジオが聞けます:らじる★らじる

official site (Request & Message)
ワールドロックナウ - NHK

rockin'on 9月号
2017年9月号

rockin'on BEST DISC 500 1963-2007
rockin’on BEST DISC500 1963-2007