Amazon.co.jp ウィジェット

2012/12/21 三者鼎談 [特番]

2012年総括(guest : 大貫憲章、伊藤政則)

伊藤政則 select

1. Led Zeppelin / Kashimir


伊藤-5年前の復活コンサート。DVDは100回くらい見た。
渋谷-カシミールでロバート・プラントのボーカルがピークだった。
大貫-好きは好きだが、今のZEPには関心がない。
    音源だけなら昔の聞いたほうがいい。



2. Vintage Trouble / Blues Hand Me Down


伊藤-アメリカのインディーズだがイギリスで注目されたバンド。
渋谷-黒人がロックをやる場合、割とありがちなルート。
    ただ、まだ完全にはブレークしてない。
    この曲はいいが、他はちょっと地味め。
大貫-BAWDIES みたいな感じでガンガンいってほしい。
伊藤-ギターのリフがかっこいい。
大貫-ノリがジャンプしてはじける感じ。ロックバンドとしてエンジョイできる。
伊藤-こうゆうアッパーなフックのある曲をいっぱい作ってほしい。



3. Rush / Seven Cities of Gold


伊藤-久しぶりのコンセプトアルバム。
渋谷-物語がすごかった。
    伊藤さんの解説を読んでも良くわかんなかった。
伊藤-楽曲としても素晴らしい。
大貫-すごいと思う。



4. Tim Christensen And The Damn Crystals / Wiser


伊藤-デンマークのバンドのリーダーが作った作品。
    歌メロとか曲が素晴らしい。
渋谷-前半はサイモン&ガーファンクルで後半はプログレって感じ。



5. Aerosmith / Street Jesus


渋谷-今回はジャック・ダグラスのエアロスミス。
大貫-すごいドラマチックな感じがしたし、立体感があるサウンド。
伊藤-今回はソングライティングで他の3人のメンバーも貢献してる。
渋谷-エアロスミスであることを楽しんでていい。
大貫-自分達らしさを再確認してる。すごい良かった。



大貫憲章 select

6. Jon Spencer Blues Explosion / Black Mold


大貫-久しぶりのアルバムだけど全然変わってなかった。
渋谷-むしろ戻った。
    前作がちょっと違ってたが、今回はすごい。
大貫-聴いてて素直にいいなと思えた。
伊藤-黄金時代に戻った感じ。
大貫-まさに。待った甲斐があった。



7. The Jim Jones Revue / 7 Times Around the Sun


大貫-イギリスのバンド。
渋谷-いい。
伊藤-いまどきの感じがしない。何かいい。
渋谷-ピアノいい。リード楽器みたいな感じする。
大貫-70年代のパブロックを思い出した。
    聴いた感じが良くて、生もすごい良かった。
    みんなに聴いてほしい。



8. Red Molly / Fever


大貫-女性3人組。カントリーがちょっと入ったブルースみたいな感じ。
渋谷-これもいい。
    3人ともリードボーカル取れるのがすごい。
大貫-泥臭くなくていい。軽やか。



9. Crowns / Kissing Gates


渋谷-メロがすごくいい。ポップ。
大貫-若いわりにはボーカルもちゃんと取れてる。
渋谷-ポーグスに近い?
大貫-今ポーグスいないから。



10. Beardfish / Seventeen Again


伊藤-わりとプログレで語られてるバンド。
大貫-ジャケ買い。
伊藤-スウェーデンの中堅バンド。ベテラン。
大貫-プログレっぽい中にもサイケデリックな要素があっていい。



渋谷陽一 select

11. Green Day / Nuclear Family


渋谷-今年破格の活躍。
    パーティーロックに立ち戻った楽しいアルバムを出してる。



12. Dirty Projectors / Offspring Are Blank


渋谷-ブルックリンを主体にするネオ・フォーク、ネオ・サイケと言われているもの。
    ライヴが素晴らしかった。
    CSNと共通するものがある。
    どんどん肉体的になって良くなってる。
伊藤-ノイだね。
大貫-俺はすごくいいと思う。



13. The xx / Tides


渋谷-イギリスの新しい風。
    こうゆうバンドがメインストリームになってきている。
伊藤-ノーコメント。



14. P!nk / Truth About Love


渋谷-アメリカを代表する大人気シンガー。
    めちゃめちゃなセールスを記録した作品。
    等身大な自分の有り様をしっかりアピールしている。



15. Neil Young & Crazy Horse / God Save the Queen


渋谷-プロテストソング、レベルミュージックをカバーした味わい深い作品。
    時代と社会状況と正面切って戦い続けている姿勢はすごい。



16. Colbie Caillat / Merry Christmas, Baby (feat. Brad Paisley) (2012)


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 



2017年09月

<< 前の月   |  次の月 >>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事(30件)

月間アーカイブ

ブログ内検索


インターネットでラジオが聞けます:らじる★らじる

official site (Request & Message)
ワールドロックナウ - NHK

rockin'on 10月号
2017年10月号

rockin'on BEST DISC 500 1963-2007
rockin’on BEST DISC500 1963-2007