Amazon.co.jp ウィジェット

2014/5/16 [新譜紹介]

1. The Pains of Being Pure at Heart / Kelly
2. The Pains of Being Pure at Heart / Life After Life


3年のインターバルで発表された3rd。
ポップなメロディとキャッチーな音のセンス。
期待通りの音が沢山入っている作品になっている と。



3. Damon Albarn / Heavy Seas of Love (feat. Brian Eno & The Leytonstone City Mission Choir)
4. Damon Albarn / Hollow Ponds
5. Damon Albarn / Photographs (You Are Taking Now)


ソロアルバム。
非常に自伝的・内省的な内容を持った作品。
意図的にそうして作ったもので、
自分の記憶やパーソナルな体験を対象化するのがテーマになっている。
楽曲の深さがすごい。
地味といえば地味だが、非常に味わい深い作品が並んでいる。
ライヴがどうなるか楽しみ と。



6. Brian Eno & Karl Hyde / The Satellites
7. Brian Eno & Karl Hyde / Man Wakes Up
8. Brian Eno & Karl Hyde / Who Rings the Bell


ブライアン・イーノとアンダーワールドのカール・ハイドのユニット。
ブライアン・イーノによる原案が貯められていて、
そこにカール・ハイドが加わって具体化した作品。
想像を超えてわかりやすい。
意外なほどにアッパーでポップ。びっくり と。



9. KT Tunstall / Suddenly I See (2004)


10. Jack White / Lazaretto (2014)


11. The War on Drugs / Disappearing (2014)


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 



2017年08月

<< 前の月   |  次の月 >>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事(30件)

月間アーカイブ

ブログ内検索


インターネットでラジオが聞けます:らじる★らじる

official site (Request & Message)
ワールドロックナウ - NHK

rockin'on 9月号
2017年9月号

rockin'on BEST DISC 500 1963-2007
rockin’on BEST DISC500 1963-2007