Amazon.co.jp ウィジェット

2014/10/3 [新譜紹介]

1. Gerard Way / Action Cat
2. Gerard Way / Brother
3. Gerard Way / Millions


マイ・ケミカル・ロマンスのボーカリスト、初のソロアルバム。
解散後、18ヶ月のブランクでの発表。
彼自身の優れたソングライターとしての才能がいかんなく発揮されていて、
バンドの世界観が継承されている。
ポップないい曲が多い と。



4. Perfume Genius / Queen
5. Perfume Genius / Longpig
6. Perfume Genius / All Along


短いが、情報がぎっしり詰まったメッセージ性の強い曲が多い。
同性愛者であるということが本作のテーマになっていて、
気迫がどの曲にも感じられる。
重いテーマを持ったアルバムだが、すごいポップな、
いい意味でのコマーシャリズムを持った作品 と。



7. Lenny Kravitz / Dirty White Boots
8. Lenny Kravitz / I'm a Believer


3年のインターバルでの通算10作目。
レニー・クラヴィッツの世界がバリバリ。
ボブ・クリア・マウンテンによるミックス。



9. Slash / World on Fire
10. Slash / Automatic Overdrive


楽しそうな感じが伝わってきて、
短い製作期間で出来てしまったという勢いが
すごくいい形で音に定着している感じがする。
スラッシュワールドが爆発している と。



11. Rufus Wainwright / Cigarettes and Chocolate Milk (2001)


12. Taylor Swift / Shake It Off (2014)


13. Kimbra / Teen Heat (2014)


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 



2017年07月

<< 前の月   |  次の月 >>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事(30件)

月間アーカイブ

ブログ内検索


インターネットでラジオが聞けます:らじる★らじる

official site (Request & Message)
ワールドロックナウ - NHK

rockin'on 8月号
2017年8月号

rockin'on BEST DISC 500 1963-2007
rockin’on BEST DISC500 1963-2007