Amazon.co.jp ウィジェット

2017/3/3 [新譜紹介]

1. The Orwells / Buddy
2. The Orwells / M.A.D.
3. The Orwells / Last Call (Go Home)


シカゴ出身の若手ロックバンド。
セカンド・アルバム。
ピクシーズからの影響をすごく受けていると言っているが、
ストレートなロックに身上があって、ウィーザー系という感じもする。
非常に素晴らしいメロディーラインが持ち味ではないか と。



4. VANT / Peace & Love
5. VANT / Parking Lot


ロンドン出身の4人組新人バンド。
デビューアルバム。
ポジティブで楽観的なだけではない時代に対する暗い認識、
シニカルな視線を持ちつつも バンドのメッセージはストレート と。



6. Ryan Adams / Do You Still Love Me?
7. Ryan Adams / Haunted House
8. Ryan Adams / To Be Without You


離婚によって傷ついた心を切り裂きながら作品化した、
非常に切なく泣けるアルバム。
暗くて落ち込んだダークな曲ばかりだが、
すごくエモーショナルなので、人の心を動かす作品だと思う と。



9. James Blake / The Colour in Anything (2016)


10. James Brown / Cold Sweat (Live 1967)




11. Thundercat / Where I'm Going
12. Thundercat / 3AM
13. Thundercat / Hi (feat. Mac Miller)


今回特徴的なのは曲の短さ。
それでも充分な世界が表現されている。
曲の短さとか、構成とか、ありとあらゆるものに冒険・実験が試みられている。
そして、いろんなジャンルを超越して不思議な世界を行っている と。



14. Robert Glasper / Good Morning (2015)


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 



2017年10月

<< 前の月   |  次の月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事(30件)

月間アーカイブ

ブログ内検索


インターネットでラジオが聞けます:らじる★らじる

official site (Request & Message)
ワールドロックナウ - NHK

rockin'on 11月号
2017年11月号

rockin'on BEST DISC 500 1963-2007
rockin’on BEST DISC500 1963-2007