Amazon.co.jp ウィジェット

2018/5/6 [新譜紹介]

1. The Spook School / Less Than Perfect
2. The Spook School / Body
3. The Spook School / High School


スコットランド出身の4人組バンド、3枚目。
ローファイなポップロック。
中心メンバーがトランスジェンダーであることをカミングアウトしていて、
彼自身の性的な立ち位置をアルバムのシリアスなテーマとしながら、
それをポップなサウンドに乗せて表現している と。



4. Manic Street Preachers / International Blue
5. Manic Street Preachers / Distant Colours
6. Manic Street Preachers / Liverpool Revisited


時代の流れ、閉塞的な気分に対して、自分たちの足元をどう作っていくのか
というのと向き合った作品になっていて、
「抵抗は無駄」というタイトルでありながら、
希望や抵抗、戦う姿勢を歌おうとしている。
でもそれは重い現実認識に基づくものだというのが
本作の大きいメッセージのような気がする と。



7. Sting & Shaggy / Don't Make Me Wait
8. Sting & Shaggy / Morning is Coming


スティングとシャギーが共同で作ったアルバム。
こうしたレゲエサウンドを表現することによって、
スティングの本来的に非常に優れたメロディーメーカーとしての才能が
自然に導き出されている感じがする と。



9. The White Stripes / Seven Nation Army (2003)


10. Tyrannosaurus Rex / King of the Rumbling Spires (1968)


11. Gaz Coombes / Deep Pockets (2018)


12. Rhye / Song For You (2018)


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 



2018年11月

<< 前の月   |  次の月 >>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事(30件)

月間アーカイブ

ブログ内検索


インターネットでラジオが聞けます:らじる★らじる

official site (Request & Message)
ワールドロックナウ - NHK

rockin'on 12月号
2018年12月号

rockin'on BEST DISC 500 1963-2007
rockin’on BEST DISC500 1963-2007