Amazon.co.jp ウィジェット

2019/3/24 [新譜紹介]

1. Weezer / Living in L.A.
2. Weezer / Can't Knock the Hustle
3. Weezer / I'm Just Being Honest


明らかに新境地を狙ったのが成功して、
次のステージに上がったことを感じさせるアルバム。
全体にブラック・ミュージック、70年代的なディスコ・ソウルの影響が
色濃く反映されていて非常に面白い。
彼ら自身が持っている本来的な魅力が十二分に堪能できる作品にも
なっている と。



4. Tedeschi Trucks Band / Hard Case
5. Tedeschi Trucks Band / When Will I Begin


この何時か聴いたことのある感がたまらない。
楽しい と。



6. Courtney Barnett / Charity (2018)


7. Roxy Music / More than This (1982)




8. Solange / Down with the Clique
9. Solange / Dreams
10. Solange / Time (Is)
11. Solange / Jerrod


とんでもない作品。
1枚が1曲のような、ある意味前衛的でカッティング・エッジな曲だが、
気持ち良くて、ポップで、何回でも聴きたくなる。
前作同様しっかりと作られているが、リラックス感みたいなものが出ていて、
それがこのアルバムに何とも言えぬ雰囲気を加えている感じがする。
オーディオで でかい音で鳴らしているとすごい。
昔ながらのリスニング姿勢を再現したくなる作品。
ジョニ・ミッチェルの「ドンファンのじゃじゃ馬娘」にすごく似てる と。



12. Rhye / Song For You (2018)


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 



2019年08月

<< 前の月   |  次の月 >>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事(30件)

月間アーカイブ

ブログ内検索


インターネットでラジオが聞けます:らじる★らじる

official site (Request & Message)
ワールドロックナウ - NHK

rockin'on 9月号
2019年9月号

rockin'on BEST DISC 500 1963-2007
rockin’on BEST DISC500 1963-2007